夜のピクニック (新潮文庫) 恩田 陸 (著)の要約と口コミ

1. あらすじ

高校2年生の白河みどり、高原涼、佐伯美紗子、安藤拓郎の4人は、夏休み中に肝試しを行うことを決意します。4人は、廃墟となった病院跡に集まり、それぞれ怖い話を披露し合います。しかし、その夜、実際に恐ろしい出来事が起こってしまいます。

2. 感想

この作品は、青春ホラー小説の傑作として名高い作品です。主人公の4人の高校生たちは、それぞれ異なる悩みを抱えています。そんな4人が、肝試しのために廃墟となった病院跡を訪れます。そして、そこで恐ろしい体験をすることになります。

この作品は、人間の心理描写が非常に巧みです。主人公たちの恐怖や絶望が、手に取るように伝わってきます。また、ストーリー展開も非常にスリリングで、最後まで目が離せません。

私は、この作品を非常に面白く読みました。青春小説でありながら、ホラー小説としての要素も兼ね備えた、非常に完成度の高い作品だと思います。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「久しぶりにこんなに怖い小説を読みました。」
  • 「ラストが衝撃的でした。」
  • 「何度も読み返したくなる作品です。」

4. その他

  • この小説は、1996年に新潮社から出版されました。
  • 恩田陸さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「蜜蜂と遠雷」、「さよなら、私のクラマー」、「ネバー・エンディング・ストーリー」などがあります。

5. 夜のピクニック をおすすめしたい人

  • ホラー小説が好きな人
  • 青春小説が好きな人
  • 恩田陸さんの作品を読みたい人

6. 夜のピクニック を読む前に

  • この作品は、ホラー小説です。
  • 怖いのが苦手な方は、注意が必要です。

7. まとめ

夜のピクニックは、青春ホラー小説の傑作として名高い作品です。主人公の4人の高校生たちは、それぞれ異なる悩みを抱えています。そんな4人が、肝試しのために廃墟となった病院跡を訪れます。そして、そこで恐ろしい体験をすることになります。

この作品は、人間の心理描写が非常に巧みです。主人公たちの恐怖や絶望が、手に取るように伝わってきます。また、ストーリー展開も非常にスリリングで、最後まで目が離せません。

私は、この作品を非常に面白く読みました。青春小説でありながら、ホラー小説としての要素も兼ね備えた、非常に完成度の高い作品だと思います。

8. 補足

  • この作品は、映画化されています。
  • 映画版では、白河みどり役を深田恭子さんが、高原涼役を玉木宏さんが演じています。

9. 関連書籍

  • 蜜蜂と遠雷 (恩田陸)
  • さよなら、私のクラマー (恩田陸)
  • ネバー・エンディング・ストーリー (ミヒャエル・エンデ)