ぼくらの七日間戦争 「ぼくら」シリーズ(角川文庫版) Kindle版 宗田 理 (著)の要約と口コミ

1. あらすじ

夏休みに入った小学生の仲良し6人グループは、大人たちの理不尽な校則に反発し、自分たちの学校を解放することを決意します。廃校舎をアジトにして、大人たちと対決する子供たちの7日間の戦いが始まります。

2. 感想

この作品は、子供たちの冒険と友情を描いた、痛快な物語です。主人公の横山寅雄をはじめとする6人の子供たちは、大人たちの理不尽な校則に反発し、自分たちの力で学校を変えようと立ち上がります。子供たちの純粋な正義感と勇気は、読者の心を熱くします。

また、この作品は、子供と大人の対立というテーマも描かれています。子供たちは大人たちの理不尽さに怒りを感じながらも、彼らとの理解を求めようと努力します。子供と大人のコミュニケーションの大切さを教えてくれる作品です。

この作品を読んで、子供たちの持つ無限の可能性を感じました。子供たちの純粋な心と勇気は、私たち大人にも多くのことを教えてくれます。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「子供の頃に戻ったような気持ちになりました。」
  • 「子供と大人の対立が、考えさせられる。」
  • 「何度読んでも、面白い作品です。」

4. その他

  • この小説は、1973年に角川書店から出版されました。
  • 宗田理さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「バッテリー」、「うずまき」、「時をかける少女」などがあります。

5. ぼくらの七日間戦争 をおすすめしたい人

  • 子供時代の思い出を振り返りたい人
  • 痛快な冒険物語を読みたい人
  • 子供と大人の対立について考えたい人

6. ぼくらの七日間戦争 を読む前に

  • この作品は、子供時代の思い出を題材にした作品です。
  • 子供時代の思い出がない人にとっては、共感できない部分があるかもしれません。

7. まとめ

ぼくらの七日間戦争は、子供たちの冒険と友情を描いた、痛快な物語です。主人公の横山寅雄をはじめとする6人の子供たちは、大人たちの理不尽な校則に反発し、自分たちの力で学校を変えようと立ち上がります。子供たちの純粋な正義感と勇気は、読者の心を熱くします。また、この作品は、子供と大人の対立というテーマも描かれています。子供たちは大人たちの理不尽さに怒りを感じながらも、彼らとの理解を求めようと努力します。子供と大人のコミュニケーションの大切さを教えてくれる作品です。この作品を読んで、子供たちの持つ無限の可能性を感じました。子供たちの純粋な心と勇気は、私たち大人にも多くのことを教えてくれます。

8. 補足

  • この作品は、映画化されています。
  • 映画版では、横山寅雄役を林遣都さんが演じています。

9. 関連書籍

  • バッテリー (宗田理)
  • うずまき (宗田理)
  • 時をかける少女 (宗田理)