マチネの終わりに(文庫版) (コルク) Kindle版 平野啓一郎 (著) の要約と口コミ

1. あらすじ

舞台女優の梨花と作曲家の蒔田は、偶然出会った二人が惹かれ合い、愛を育んでいく。しかし、蒔田には過去のトラウマがあり、梨花には別の男性との婚約という現実があった。二人は様々な障害を乗り越え、真の愛を見つけることができるのか?

2. 感想

この作品は、大人の恋愛を描いた、切ない物語です。主人公の梨花と蒔田は、それぞれ過去の傷を抱えながら生きています。しかし、二人は互いに惹かれ合い、深い愛を育んでいきます。しかし、周囲の反対や様々な困難に直面し、二人は何度も別れを余儀なくされます。

そのような中でも、梨花と蒔田は諦めずに愛を貫こうと努力します。二人が織りなす切ない恋物語は、読者の心を揺さぶります。

特に印象に残ったのは、梨花と蒔田が初めて出会うシーンです。二人は偶然、同じカフェで食事をしていました。そこで二人は意気投合し、すぐに惹かれ合っていく。しかし、蒔田には過去のトラウマがあり、梨花には別の男性との婚約という現実があった。二人は様々な障害を乗り越え、真の愛を見つけることができるのか?

この作品は、運命の力や愛の強さを教えてくれます。大人の恋愛の複雑さを描いた、奥深い作品です。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「とても感動しました。最後まで目が離せませんでした。」
  • 「大人の恋愛の切なさを感じました。」
  • 「もう一度読みたいと思える作品です。」

4. その他

  • この小説は、2016年に文藝春秋から出版されました。
  • 平野啓一郎さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「本音を言えない時代」、「在日」、「ドーン」などがあります。

5. マチネの終わりに をおすすめしたい人

  • 大人同士の恋愛を描いた作品を読みたい人
  • 切ないラブストーリーを読みたい人
  • 運命の力や愛の強さを信じている人

6. マチネの終わりに を読む前に

  • この作品は、大人の恋愛を描いた作品です。
  • 恋愛小説が苦手な方は、注意が必要です。

7. まとめ

マチネの終わりに は、大人の恋愛を描いた、切ない物語です。主人公の梨花と蒔田は、それぞれ過去の傷を抱えながら生きています。しかし、二人は互いに惹かれ合い、深い愛を育んでいきます。しかし、周囲の反対や様々な困難に直面し、二人は何度も別れを余儀なくされます。そのような中でも、梨花と蒔田は諦めずに愛を貫こうと努力します。二人が織りなす切ない恋物語は、読者の心を揺さぶります。この作品は、運命の力や愛の強さを教えてくれます。大人の恋愛の複雑さを描いた、奥深い作品です。

8. 補足

  • この作品は、映画化されています。
  • 映画版では、梨花役を福山雅治さん、蒔田役を北川景子さん演じています。

9. 関連書籍

  • 本音を言えない時代 (平野啓一郎)
  • 在日 (平野啓一郎)
  • ドーン (平野啓一郎)