95 (角川文庫) Kindle版 早見 和真 (著) の要約と口コミ

1. あらすじ

1995年、阪神・淡路大震災が発生。被災した人々の人生が大きく翻弄されます。主人公の藤野慶太は、家族を亡くし、絶望に打ちひしがれます。しかし、そんな中、慶太は様々な人々と出会い、希望を見出していきます。

2. 感想

この作品は、阪神・淡路大震災を題材にした、感動物語です。主人公の慶太は、大切な家族を失い、生きる意味を見失いかけてしまいます。しかし、周囲の人々の温かさや優しさに触れ、少しずつ希望を見出していく様子が描かれています。

特に印象に残ったのは、慶太が被災者たちと協力して、復興作業に取り組むシーンです。苦難を乗り越え、前に進んでいく人々の姿に、勇気をもらいました。

この作品は、人間の強さや絆の大切さを教えてくれます。震災を経験した人だけでなく、すべての人に読んでいただきたい作品です。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「涙なしでは読めませんでした。」
  • 「勇気をもらえる作品でした。」
  • 「震災を風化させてはいけません。」

4. その他

  • この小説は、2019年に角川文庫から出版されました。
  • 早見和真さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「君たちは今何をしていますか」、「そして、バトンは渡された」、「かがみの孤城」などがあります。

5. 95 をおすすめしたい人

  • 阪神・淡路大震災に関心がある人
  • 感動的な物語を読みたい人
  • 人間の強さや絆の大切さを知りたい人

6. 95 を読む前に

  • この作品は、震災の悲惨な描写が含まれています。
  • 辛い内容が苦手な方は、注意が必要です。

7. まとめ

95は、阪神・淡路大震災を題材にした、感動物語です。主人公の慶太は、大切な家族を失い、生きる意味を見失いかけてしまいます。しかし、周囲の人々の温かさや優しさに触れ、少しずつ希望を見出していく様子が描かれています。この作品は、人間の強さや絆の大切さを教えてくれます。震災を経験した人だけでなく、すべての人に読んでいただきたい作品です。

8. 補足

  • この作品は、映画化されています。
  • 映画版では、藤野慶太役を中川大志さんが演じています。

9. 関連書籍

  • 君たちは今何をしていますか (早見和真)
  • そして、バトンは渡された (早見和真)
  • かがみの孤城 (早見和真)