沈黙(新潮文庫) Kindle版 遠藤周作 (著) の要約と口コミ

1. あらすじ

17世紀、日本。キリスト教が弾圧されていた時代に、ポルトガルから宣教師たちが密入します。主人公のロドリゴは、師であるガルベ神父と共に、信徒を探し、信仰を守ろうとします。しかし、厳しい拷問や迫害に直面し、信仰と命の間に葛藤を余儀なくされます。

2. 感想

この作品は、信仰と人間存在の葛藤を描いた、重厚な小説です。主人公のロドリゴは、強い信仰心を持つ青年ですが、拷問や迫害によって、次第に苦悩していきます。そんなロドリゴの姿を通して、信仰とは何か、人間とは何かについて考えさせられます。

特に印象に残ったのは、ロドリゴが棄教を決意するシーンです。苦痛に耐え切れなくなったロドリゴは、ついに神を疑い、信仰を捨ててしまいます。しかし、棄教後もロドリゴは心の葛藤に苦しみ続けます。

この作品は、信仰の強さだけでなく、人間の弱さも描いています。信仰心を失ったロドリゴの姿は、私たちに深い問いを投げかけてくれます。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「今まで読んだ中で、一番考えさせられる作品でした。」
  • 「ロドリゴの葛藤に、共感しました。」
  • 「最後まで目が離せませんでした。」

4. その他

  • この小説は、1969年に新潮社から出版されました。
  • 遠藤周作さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「海と毒薬」、「イエスの生涯」、「武士」などがあります。

5. 沈黙 をおすすめしたい人

  • 信仰について考えたい人
  • 人間存在の葛藤を描いた作品を読みたい人
  • 重厚な小説を読みたい人

6. 沈黙 を読む前に

  • この作品は、宗教的な内容が含まれています。
  • 宗教に対する考え方が揺らぐ可能性があります。

7. まとめ

沈黙は、信仰と人間存在の葛藤を描いた、重厚な小説です。主人公のロドリゴは、強い信仰心を持つ青年ですが、拷問や迫害によって、次第に苦悩していきます。そんなロドリゴの姿を通して、信仰とは何か、人間とは何かについて考えさせられます。この作品は、信仰の強さだけでなく、人間の弱さも描いています。信仰心を失ったロドリゴの姿は、私たちに深い問いを投げかけてくれます。

8. 補足

  • この作品は、映画化されています。
  • 映画版では、ロドリゴ役を役所広司さんが演じています。

9. 関連書籍

  • 海と毒薬 (遠藤周作)
  • イエスの生涯 (遠藤周作)
  • 武士 (遠藤周作)