鴨川ホルモー 「鴨川ホルモー」シリーズ (角川文庫) Kindle版 万城目 学 (著)の要約

1. あらすじ

京都大学に入学した安倍は、謎の学生サークル「京都青竜会」に勧誘される。その新歓コンパで、安倍は同じ新入生の女子に一目惚れしてしまう。一方、徐々に明らかになるサークルの隠された目的とは…。壮大な歴史的スケールで冴えない大学生の悲喜こもごもを描く、伸びやかで爽やかな青春小説。

2. 感想

この作品は、青春小説でありながら、京都という街の独特な雰囲気や、大学生活の楽しさ、そしてちょっぴり切ない恋心などをユーモアたっぷりに描いた作品です。主人公の安倍をはじめとする登場人物たちは、個性豊かで魅力あふれるキャラクターばかりです。

特に印象に残ったのは、京都という街の描写です。鴨川や清水寺、祇園など、京都の有名な観光スポットが次々と登場し、まるで自分が京都を旅しているような気分になりました。また、大学生活の描写も非常にリアルで、共感せずにはいられませんでした。

この作品は、京都が好きな人、青春小説が好きな人、ユーモアのある作品を読みたい人におすすめです。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「京都の街が舞台の青春小説です。主人公たちの大学生活が微笑ましく、京都に行きたくなりました。」
  • 「ユーモアのある文章で、最後まで楽しく読めました。」
  • 「京都の風景が目に浮かぶような、素敵な作品です。」

4. その他

  • この小説は、2007年に角川書店から出版されました。
  • 万城目学さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「鹿男ゆうき」、「プリンセス・トヨトミ」、「どぶさぶガール」などがあります。

5. 鴨川ホルモー をおすすめしたい人

  • 京都が好きな人
  • 青春小説が好きな人
  • ユーモアのある作品を読みたい人
  • 万城目学さんの作品を読んだことがない人

6. 鴨川ホルモー を読む前に

  • 京都の地理や文化に詳しくなくても、問題なく楽しめます。
  • 軽快な文体なので、サクサク読めます。

7. まとめ

鴨川ホルモーは、京都を舞台にした青春小説です。京都の街が好きな人、青春小説が好きな人、ユーモアのある作品を読みたい人におすすめです。

8. 補足

  • この小説は、漫画化されています。
  • 漫画版では、安倍のコミカルな表情や京都の風景が丁寧に描かれています。

9. 関連書籍

  • 鹿男ゆうき (万城目学)
  • プリンセス・トヨトミ (万城目学)
  • どぶさぶガール (万城目学)