黒い家 (角川ホラー文庫) Kindle版 貴志 祐介 (著) の要約

1. あらすじ

主人公の辰巳は、ある日、突然叔父から莫大な遺産と奇妙な屋敷を相続します。その屋敷は「黒い家」と呼ばれ、周囲の人々から恐れられていたのです。辰巳は黒い家に住み始めますが、そこで恐ろしい事件に巻き込まれていくことになります。

2. 感想

この作品は、ホラー小説でありながら、同時に人間心理の闇を抉る作品でもあります。黒い家という閉鎖的な空間の中で繰り広げられる、人間の狂気と残酷な描写は、読者を圧倒します。

特に印象に残ったのは、辰巳という人物像です。最初は普通の青年に見えた辰巳ですが、徐々に狂気に染まっていく様子は非常に恐ろしいです。また、周囲の人間たちの様々な思惑も絡み合い、物語はさらに複雑さを増していきます。

この作品は、ホラー小説が好きな人、人間心理に興味がある人、衝撃的なラストを読みたい人におすすめです。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「今まで読んだホラー小説の中で、一番怖かったです。」
  • 「人間心理の闇に引き込まれました。」
  • 「衝撃的なラストに、言葉もありませんでした。」

4. その他

  • この小説は、1995年に角川書店から出版されました。
  • 貴志祐介さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「悪の眼」、「憑き物落とし」、「陽気なギャングが地球を回す」などがあります。

5. 黒い家 をおすすめしたい人

  • ホラー小説が好きな人
  • 人間心理に興味がある人
  • 衝撃的なラストを読みたい人
  • 貴志祐介さんの作品を読んだことがない人

6. 黒い家 を読む前に

  • ネタバレを含んでいる口コミもあるので、注意が必要です。
  • 怖いのが苦手な人は、読むのを控えたほうが良いかもしれません。

7. まとめ

黒い家は、ホラー小説でありながら、同時に人間心理の闇を抉る作品です。今まで読んだホラー小説の中で、一番怖かったです。ホラー小説が好きな人、人間心理に興味がある人、衝撃的なラストを読みたい人におすすめです。

8. 補足

  • この小説は、映画化されています。
  • 映画版では、木村拓哉さんと中谷美紀さんが主演を務めています。

9. 関連書籍

  • 悪の眼 (貴志祐介)
  • 憑き物落とし (貴志祐介)
  • 陽気なギャングが地球を回す (貴志祐介)