君の膵臓をたべたい (双葉文庫) Kindle版 住野よる (著)の要約

1. あらすじ

高校一年生の僕はある日、クラスメイトの桜良から「膵臓の病気で余命半年」であることを打ち明けられる。人付き合いが苦手で孤独だった僕にとって、明るく前向きな桜良は特別な存在となっていく。二人は秘密を共有し、様々な経験を通して互いに成長していく。しかし、桜良の病状は悪化し、ついに悲しい結末を迎えてしまう。

2. 感想

この作品は、青春小説でありながら、同時に死生観や人間関係について考えさせられる作品です。主人公の「僕」と桜良の交流を通して、生きる意味や大切な人の存在について深く考えさせられます。

特に印象に残ったのは、桜良という人物像です。病気がちでありながらも、明るく前向きに生きる桜良の姿は、多くの人々に勇気を与えてくれるでしょう。また、「僕」の成長も丁寧に描かれており、共感せずにはいられません。

この作品は、青春小説が好きな人、死生観について考えたい人、大切な人との絆を描いた作品を読みたい人におすすめです。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「何度読んでも、感動する作品です。」
  • 「桜良の生き方に、勇気をもらいました。」
  • 「大切な人との絆を描いた、心温まる作品です。」

4. その他

  • この小説は、2015年に双葉社から出版されました。
  • 住野よるさんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「また、同じ夢を見ていた」、「よみがえる青春」、「想像ラジオ」などがあります。

5. 君の膵臓をたべたい をおすすめしたい人

  • 青春小説が好きな人
  • 死生観について考えたい人
  • 大切な人との絆を描いた作品を読みたい人
  • 住野よるさんの作品を読んだことがない人

6. 君の膵臓をたべたい を読む前に

  • ネタバレを含んでいる口コミもあるので、注意が必要です。
  • 涙なしでは読めない作品なので、心の準備をしてから読むことをおすすめします。

7. まとめ

君の膵臓をたべたいは、青春小説でありながら、同時に死生観や人間関係について考えさせられる作品です。多くの人々に感動を与えている作品なので、ぜひ一度読んでみてください。

8. 補足

  • この小説は、アニメ化、映画化、舞台化されています。
  • アニメ版では、小林裕介さん、茅野愛衣さんなどが声優を務めています。
  • 映画版では、北村匠海さん、小松菜奈さんなどが主演を務めています。
  • 舞台版では、松島聡さん、浜辺美波さんなどが主演を務めています。

9. 関連書籍

  • また、同じ夢を見ていた (住野よる)
  • よみがえる青春 (住野よる)
  • 想像ラジオ (住野よる)