グロテスク 上 (文春文庫) Kindle版 桐野 夏生 (著)

1. あらすじ

名門女子校であるQ女子高校を舞台に、女子高生たちの華麗なようで陰惨な人間模様が描かれる。主人公の和恵は、ある事件をきっかけに、学校に潜む闇に気づき始める。

2. 感想

この作品は、ミステリー小説でありながら、同時に人間心理の闇を抉る作品でもあります。Q女子高校という閉鎖的な空間の中で繰り広げられる、少女たちの壮絶なバトル。そのリアルな描写は、読者を圧倒します。

特に印象に残ったのは、個性豊かなキャラクターたちです。一見華やかで美しい少女たちにも、それぞれに暗い秘密を抱えています。そんな彼女たちの心理描写は、非常に巧妙です。

また、この作品は、人間の善悪の曖昧さを問いかけます。誰が悪者で、誰が善人なのか。そんな単純な答えは、この作品にはありません。

この作品は、ミステリー小説が好きな人、人間心理に興味がある人、衝撃的なラストを読みたい人におすすめです。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「最後まで目が離せませんでした。衝撃的なラストに、言葉もありませんでした。」
  • 「人間心理の闇を抉るような内容です。考えさせられました。」
  • 「ミステリー小説としてだけではなく、人間ドラマとしても非常に面白かったです。」

4. その他

  • この小説は、2007年に文藝春秋から出版されました。
  • 桐野夏生さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「悪意」、「日没」、産女」などがあります。

5. グロテスク 上 をおすすめしたい人

  • ミステリー小説が好きな人
  • 人間心理に興味がある人
  • 衝撃的なラストを読みたい人
  • 桐野夏生さんの作品を読んだことがない人

6. グロテスク 上 を読む前に

  • ネタバレを含んでいる口コミもあるので、注意が必要です。
  • 複雑なストーリー展開なので、集中して読む必要があります。

7. まとめ

グロテスク 上は、ミステリー小説でありながら、同時に人間心理の闇を抉る作品です。最後まで目が離せませんでした。ミステリー小説が好きな人、人間心理に興味がある人、衝撃的なラストを読みたい人におすすめです。

8. 補足

  • この小説は、映画化されています。
  • 映画版では、石原さとみさん、綾瀬はるかさん、松雪泰子さんなどが出演しています。

9. 関連書籍

  • 悪意 (桐野夏生)
  • 日没 (桐野夏生)
  • 産女 (桐野夏生)