この部屋から東京タワーは永遠に見えない (集英社単行本) Kindle版 麻布競馬場 (著)

1. あらすじ

本書は、Twitter上で人気を集めたショートストーリーをまとめた作品です。舞台は東京の港区。20代から30代の男女が、仕事、恋愛、人間関係などに悩み、もがきながら生きていく姿が描かれています。

2. 感想

この作品は、現代社会に生きる若者のリアルな姿を描いた作品です。主人公たちは、皆それぞれ悩みを抱えていますが、それでも前向きに生きていこうとしています。

特に印象に残ったのは、登場人物たちの生き生きとした描写です。まるでそこにいるかのようなリアリティがあり、共感せずにはいられません。

また、この作品は、現代社会の様々な問題にも触れています。格差社会、ジェンダー問題、セクハラなど、様々な問題が描かれています。

この作品は、現代社会に生きる若者におすすめです。共感できる部分もあれば、考えさせられる部分もあるでしょう。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「まるで自分がそこにいるかのようなリアリティがありました。」
  • 「現代社会の様々な問題に考えさせられました。」
  • 「共感できる部分もあれば、考えさせられる部分もある作品でした。」

4. その他

  • この小説は、2023年に集英社から出版されました。
  • 麻布競馬場さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「あの頃僕らはアホでした」、「サピエンス全史」、「AI vs. 人間」などがあります。

5. この部屋から東京タワーは永遠に見えない をおすすめしたい人

  • 現代社会に生きる若者
  • 現代社会の様々な問題に興味がある人
  • 共感できる小説を読みたい人

6. この部屋から東京タワーは永遠に見えない を読む前に

  • ショートストーリーなので、気軽に読むことができます。
  • 内容が濃いので、集中して読む必要があります。

7. まとめ

この部屋から東京タワーは永遠に見えないは、現代社会に生きる若者のリアルな姿を描いた作品です。共感できる部分もあれば、考えさせられる部分もあるでしょう。現代社会に生きる若者におすすめです。

8. 補足

  • この小説は、ドラマ化されています。
  • ドラマ版では、有村架純さん、松坂桃李さん、満島光さんなどが出演しています。

9. 関連書籍

  • あの頃僕らはアホでした (麻布競馬場)
  • サピエンス全史 (ユヴァル・ノア・ハラリ)
  • AI vs. 人間 (松原仁)