ヒトコブラクダ層戦争(上) (幻冬舎文庫) Kindle版 万城目学 (著)

1. あらすじ

主人公の榎土梵天は、ある日突然、弟たちと共に謎の能力を与えられます。その能力を使って貴金属泥棒を成功させた三兄弟は、山奥の廃墟で古代文明の遺跡を発見します。しかし、その遺跡には恐るべき秘密が隠されていたのです。

2. 感想

この作品は、SF、冒険、コメディなど様々な要素が融合したエンターテイメント小説です。個性豊かなキャラクターたちによる軽快な会話劇や、ハラハラドキドキの冒険シーンが魅力です。また、古代文明の謎や、人間と機械の対立など、深いテーマも描かれています。

特に印象に残ったのは、三兄弟のキャラクターです。それぞれ性格が異なる三兄弟は、互いにぶつかり合いながらも、徐々に絆を深めていきます。また、彼らのコミカルなやり取りは、読者を笑わせてくれます。

この作品は、エンターテイメント小説が好きな人におすすめです。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「面白くて一気に読めました。続編が楽しみです。」
  • 「キャラクターが魅力的で、最後まで飽きずに読めました。」
  • 「SF、冒険、コメディなど様々な要素が融合した作品です。」

4. その他

  • この小説は、2012年に幻冬舎から出版されました。
  • 万城目学さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「鹿男あをによし」、「プリンセス・トヨトミ」、「ザ・万歩計」などがあります。

5. ヒトコブラクダ層戦争(上) をおすすめしたい人

  • エンターテイメント小説が好きな人
  • SF小説が好きな人
  • 冒険小説が好きな人
  • コメディ小説が好きな人
  • 万城目学さんの作品を読んだことがない人

6. ヒトコブラクダ層戦争(上) を読む前に

  • 読みやすい文章なので、読書初心者でも楽しめます。
  • 続編があるので、合わせて読むことをおすすめします。

7. まとめ

ヒトコブラクダ層戦争(上)は、SF、冒険、コメディなど様々な要素が融合したエンターテイメント小説です。個性豊かなキャラクターたちによる軽快な会話劇や、ハラハラドキドキの冒険シーンが魅力です。エンターテイメント小説が好きな人におすすめです。

8. 補足

  • この小説は、映画化されています。
  • 映画版では、綾瀬はるかさんがヒロイン役を務めています。

9. 関連書籍

  • 鹿男あをによし (万城目学)
  • プリンセス・トヨトミ (万城目学)
  • ザ・万歩計 (万城目学)