ゴールデンスランバー(新潮文庫) Kindle版 伊坂幸太郎 (著)

1. あらすじ

首相暗殺事件の容疑者として追われる青柳雅春。彼は記憶喪失に陥っており、自分が犯人なのか、それとも罠なのかすら分からない。絶体絶命の状況の中で、青柳は真犯人を見つけ出し、自分の潔白を証明しようと奮闘する。

2. 感想

この作品は、緊迫感溢れるサスペンス小説です。主人公・青柳雅春の逃亡劇は、まるで映画を見ているような臨場感で描かれています。また、物語が進むにつれて、様々な謎が明らかになっていく展開も非常に面白いです。

特に印象に残ったのは、青柳が逃亡中に様々な人と出会うシーンです。それぞれの人物との出会いが、青柳に何かしらのヒントを与えてくれます。また、彼らとの交流を通して、青柳は人間としての成長を遂げていきます。

この作品は、サスペンス小説が好きな人だけでなく、人間ドラマが好きな人にもおすすめです。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「ハラハラドキドキの展開で、最後まで目が離せませんでした。」
  • 「人間ドラマとしても非常に面白かったです。」
  • 「伊坂幸太郎さんの作品の中でも、特に好きな作品です。」

4. その他

  • この小説は、2005年に新潮社から出版されました。
  • 伊坂幸太郎さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「マリアビートル」、「陽気なギャングが地球を回す」、「死んでゆく彼女と歩いた道」などがあります。

5. ゴールデンスランバー をおすすめしたい人

  • サスペンス小説が好きな人
  • 人間ドラマが好きな人
  • 伊坂幸太郎さんの作品を読んだことがない人

6. ゴールデンスランバー を読む前に

  • 少しネタバレを含んでいる口コミもあるので、注意が必要です。
  • 複雑なストーリー展開なので、集中して読む必要があります。

7. まとめ

ゴールデンスランバーは、緊迫感溢れるサスペンスと感動的な人間ドラマが融合した、非常に面白い作品です。サスペンス小説が好きな人、人間ドラマが好きな人、伊坂幸太郎さんの作品を読んだことがない人におすすめです。

8. 補足

  • この小説は、映画化、舞台化、漫画化されています。
  • 映画版では、堺雅人さんが青柳雅春を演じています。
  • 舞台版では、松岡充さんが青柳雅春を演じています。
  • 漫画版は、山本直樹さんが作画しています。

9. 関連書籍

  • マリアビートル (伊坂幸太郎)
  • 陽気なギャングが地球を回す (伊坂幸太郎)
  • 死んでゆく彼女と歩いた道 (伊坂幸太郎)