100万回生きたねこ (講談社の創作絵本) 佐野 洋子 (著)

1. あらすじ

野良猫の「ねこ」は、ある日不思議な老婆から100万回生きられることを告げられます。ねこは様々な飼い主に飼われ、様々な人生を経験していきます。しかし、どんなに幸せな生活を送っても、ねこはいつもどこか虚しさを感じていました。そして、100万回目の命を迎えたねこは、ようやく自分自身の居場所を見つけるのです。

2. 感想

この絵本は、命の大切さや生きることの意味について考えさせてくれる作品です。ねこは100万回の人生を通して、様々な喜びや悲しみを経験します。そして、その中で自分にとって本当に大切なものは何かということを学んでいきます。

特に印象に残ったのは、ねこの最期の言葉です。「わたし、しあわせ。」という言葉は、とてもシンプルですが、深い意味を持っています。ねこは100万回の人生を通して、ようやく自分自身の居場所を見つけることができたのです。

この絵本は、子供から大人まで、幅広い世代の人に読んでいただきたい作品です。

3. 口コミ

この絵本は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「子供と一緒に読みました。命の大切さについて、考えさせられました。」
  • 「大人になってから読んだら、また違った感想がありました。」
  • 「何度読んでも、感動する作品です。」

4. その他

  • この絵本は、1977年に出版されました。
  • 佐野洋子さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「あおいめがね」、「ぼうしとこどもたち」などがあります。

5. 100万回生きたねこ をおすすめしたい人

  • 命について考えたい人
  • 生きる意味を知りたい人
  • 感動的な作品を読みたい人
  • 子供と一緒に読みたい絵本を探している人

6. 100万回生きたねこ を読む前に

  • 絵本なので、さっと読むことができます。
  • 深いメッセージが込められているので、じっくりと読むのもおすすめです。

7. まとめ

100万回生きたねこは、命の大切さや生きることの意味について考えさせてくれる作品です。子供から大人まで、幅広い世代の人に読んでいただきたい作品です。

8. 補足

  • この絵本は、映画化、舞台化、アニメ化されています。
  • 映画版では、黒柳徹子さんがナレーションを務めています。
  • 舞台版では、尾野本亮さんがねこの声を演じています。
  • アニメ版は、NHKで放送されました。

9. 関連書籍

  • あおいめがね (佐野洋子)
  • ぼうしとこどもたち (佐野洋子)
  • ねこがきた (工藤ノリコ)
  • ちいさなきいろいとり (きむらゆうぞう)