鵼の碑 【電子百鬼夜行】京極夏彦 (著)

1. あらすじ

かつて鬼門封じのために建てられた石碑「鵼の碑」。その周辺で不可解な事件が続発し、中禅寺敦子に調査依頼が舞い込む。調査を進める敦子は、碑にまつわる恐ろしい伝説と、過去の悲劇に辿り着いていく。一方、榎木津礼二郎は、ある男から奇妙な相談を受ける。男の依頼は、生き返らせることのできないはずの妻を蘇らせることだった。

2. 感想

京極夏彦さんの真骨頂とも言える、妖怪と人間が織り成す壮大な物語です。緻密な構成と圧倒的な描写力で、読者を最後まで飽きさせません。

特に印象に残ったのは、鵼の碑にまつわる伝説と、過去の悲劇の真相です。伝説と現実が交錯し、何が真実なのか分からなくなるような展開は、まさに京極夏彦さんならではの魅力です。

また、中禅寺敦子と榎木津礼二郎の活躍も見どころです。二人はそれぞれ異なる視点から事件に迫り、真相に近づいていきます。

この作品は、京極夏彦さんのファンはもちろんのこと、妖怪小説が好きな人にもオススメしたいです。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「京極夏彦さんの真骨頂とも言える作品です。妖怪と人間が織り成す壮大な物語に圧倒されました。」
  • 「緻密な構成と圧倒的な描写力で、最後まで飽きさせません。」
  • 「中禅寺敦子と榎木津礼二郎の活躍も見どころです。」

4. その他

  • この小説は、「百鬼夜行シリーズ」の最新作です。
  • 京極夏彦さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「姑獲鳥の夏」、「魍魎の匣」などがあります。

5. 鵼の碑 【電子百鬼夜行】 をおすすめしたい人

  • 京極夏彦さんのファン
  • 妖怪小説が好き
  • 緻密な構成と圧倒的な描写力のある作品を読みたい
  • 中禅寺敦子と榎木津礼二郎の活躍を見たい

6. 鵼の碑 【電子百鬼夜行】 を読む前に

  • 前作を読んでいない場合は、まず1作目から読むことをおすすめします。
  • 妖怪小説特有の言葉遣いがあるので、苦手な人は注意が必要です。

7. まとめ

鵼の碑 【電子百鬼夜行】 は、京極夏彦さんの真骨頂とも言える作品です。妖怪と人間が織り成す壮大な物語に圧倒されたい方、緻密な構成と圧倒的な描写力のある作品を読みたい方、中禅寺敦子と榎木津礼二郎の活躍を見たい方におすすめです。