冴えない王女の格差婚事情2 戸野 由希 (著)

1. あらすじ

お互いに片想いだと勘違いしたまま政略結婚生活を送る、ソフィーナとフェルドリック。敵国の侵攻による兄の窮境を知ったソフィーナは、祖国ハイドランドへと向かう。一方、フェルドリックは彼女の身を案じ、救出のため手を尽くしていました。すれ違いながらも、それぞれの立場で相手を想い続ける二人。果たして、二人は真実の愛に辿り着けることができるのか?

2. 感想

前巻で謎めいた存在だったフェルドリックの過去や、ソフィーナの意外な才能などが明かされ、物語はさらに深みを増していきます。また、二人の周囲の人物たちも個性的で魅力満載です。

特に印象に残ったのは、フェルドリックの過去に関するエピソードです。彼の過去を知ることで、彼の言動や行動に込められた真意が理解できるようになります。また、ソフィーナが自分自身を卑下していた理由も明らかになり、彼女への理解が深まります。

この巻では、ソフィーナとフェルドリックの関係にも進展が見られます。二人は少しずつ距離を縮め、互いを意識し始めるようになります。しかし、すれ違いも多く、二人の恋の行方は依然として不透明です。

ラストは衝撃的な展開で幕を閉じ、続きが気になること間違いなしです。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「前巻以上に面白かったです。ソフィーナとフェルドリックの恋の行方が気になります。」
  • 「個性豊かなキャラクターたちが魅力的です。続きが早く読みたいです。」
  • 「ハラハラドキドキの展開で、最後まで一気に読めました。」

4. その他

  • この小説は、「冴えない王女の格差婚事情」シリーズの第2巻です。
  • 戸野由希さんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「乙女ゲームの悪役令嬢ですが、百合エンディングを目指します」、「悪役令嬢は転生して最強令嬢になりました」などがあります。

5. 冴えない王女の格差婚事情2 をおすすめしたい人

  • 前巻を読んで面白かった人
  • 恋愛小説が好き
  • 個性豊かなキャラクターが好き
  • ハラハラドキドキの展開が好きな人

6. 冴えない王女の格差婚事情2 を読む前に

  • 前巻を読んでいない場合は、まず1巻から読むことをおすすめします。
  • 恋愛小説特有の言葉遣いがあるので、苦手な人は注意が必要です。

7. まとめ

冴えない王女の格差婚事情2は、前巻以上に面白く、続きが気になる作品です。恋愛小説好きの方にはもちろん、個性豊かなキャラクターやハラハラドキドキの展開が好きな方にもオススメしたいです。