さいはての彼女 (角川文庫) 原田 マハ (著)

1. あらすじ

舞台は第二次世界大戦後のフランス。主人公のソーニャは、ナチスドイツ占領下のフランスでユダヤ人の恋人を失い、深い悲しみに暮れていました。そんな彼女が出会ったのが、絵画修復家のサヴァン。彼はソーニャの心の傷を癒し、生きる希望を与えてくれます。しかし、サヴァンには戦争の秘密を抱えており、二人は運命の選択を迫られることになります。

2. 感想

この小説は、戦争の悲惨さと人間の強さを描いた作品です。ソーニャとサヴァンの恋愛を通して、愛の力強さ、そして希望の大切さを改めて感じました。特に印象に残ったのは、サヴァンがソーニャに語る言葉です。「どんなに辛いことがあっても、希望を捨ててはならない。必ず明日はやってくる。」

この言葉は、私自身にも深く響きました。どんな困難な状況でも、希望を失わずに前に進むことの大切さを教えてくれます。

また、この小説は、第二次世界大戦という暗い時代を舞台にしており、戦争の残酷さもリアルに描かれています。戦争によって奪われた命、そして傷ついた心。その悲惨さを目の当たりにし、改めて平和の尊さを実感しました。

3. 口コミ

この小説は、多くの人から高い評価を得ています。以下は、Amazonのレビューの一部です。

  • 「感動的なストーリーで、最後まで一気に読めました。戦争の悲惨さと人間の強さを描いた作品です。」
  • 「ソーニャとサヴァンの恋愛に共感しました。愛の力強さを改めて感じました。」
  • 「第二次世界大戦という暗い時代を舞台にした作品ですが、希望のメッセージが込められています。」

この小説は、戦争や恋愛に興味がある人だけでなく、すべての人にオススメしたい作品です。ぜひ手に取って読んでみてください。

4. その他

  • この小説は、2015年に映画化されています。
  • 原田マハさんは、他にも多くの作品を書いています。代表作には、「カフーを待ちわびて」、「たゆたう凪」などがあります。

5. さいはての彼女 (角川文庫) Kindle版 をおすすめしたい人

  • 戦争や恋愛に興味がある人
  • 感動的なストーリーを読みたい人
  • 人間ドラマが好き
  • 希望のメッセージを受け取りたい人

6. さいはての彼女 (角川文庫) Kindle版 を読む前に

  • 第二次世界大戦の時代背景について少し調べておくと、より深く理解できると思います。
  • 悲しい話なので、ハンカチを用意しておくと良いかもしれません。

7. まとめ

さいはての彼女 (角川文庫) Kindle版 は、感動的なストーリーと深いメッセージが込められた作品です。ぜひ手に取って読んでみてください。