国宝下花道篇 吉田 修一 (著)

吉田修一著『国宝 花道篇』要約と口コミ

1. あらすじ

本作は、歌舞伎役者・中村勘三郎のモデルとなった主人公、中村喜久雄と、そのライバルである中村勘寿郎のモデルとなった中村俊介の2人の天才歌舞伎役者の壮絶な人生を描いた作品です。

幼い頃から歌舞伎に魅せられた喜久雄は、厳しい修行を経て、名実ともに歌舞伎界の頂点に登り詰めます。しかし、その栄光の裏には、ライバルとの熾烈な競争や、家族との葛藤など、様々な苦難が待ち受けていました。

一方、俊介は喜久雄とは対照的に、自由奔放な性格で、型にとらわれない独自の演技スタイルで人気を集めます。しかし、その才能ゆえに、周囲から嫉妬や妨害を受け、苦悩することもありました。

2人は、互いを認め合いながらも、常に競い合い、高め合いながら、歌舞伎界の頂点を目指していきます。

2. 登場人物

  • 中村喜久雄:主人公。歌舞伎役者。
  • 中村俊介:喜久雄のライバル。歌舞伎役者。
  • 中村勘三郎:喜久雄の父。歌舞伎役者。
  • 中村芝雀:喜久雄の兄。歌舞伎役者。
  • 中村勘寿郎:俊介の父。歌舞伎役者。
  • 中村玉三郎:俊介の兄。歌舞伎役者。
  • 中村福助:喜久雄の妻。元芸者。

3. テーマ

  • 芸術と人生
  • 師弟関係
  • ライバル関係
  • 家族愛

4. 口コミ

  • 面白い!

歌舞伎の世界の裏側を垣間見ることができ、とても面白かったです。

  • 感動した!

登場人物たちの生き様を通して、勇気をもらいました。

  • 考えさせられる作品

芸術と人生、師弟関係、ライバル関係、家族愛など、様々なテーマについて考えさせられる作品でした。

5. その他

  • 2021年に刊行。
  • 2023年に第16回中央公論文芸賞を受賞。
  • 2024年にテレビドラマ化予定。

6. まとめ

『国宝 花道篇』は、歌舞伎の世界を舞台に、芸術と人生、師弟関係、ライバル関係、家族愛などを描いた壮大な作品です。ぜひ、あなたも読んでみてください。