燕は戻ってこない 桐野 夏生 (著)

桐野夏生著『燕は戻ってこない』要約と口コミ

1. あらすじ

舞台は、2020年代の大阪。元ヤクザの男・亜鉛太郎は、刑期を終えて社会復帰を目指していました。しかし、彼はすぐに裏社会に引き込まれてしまいます。一方、亜鉛太郎の娘・亜鉛花は、父親の過去を知らずに育っていました。ある日、亜鉛花は父親の過去を知り、衝撃を受けます。そして、亜鉛太郎と亜鉛花は、それぞれの立場で、社会の闇と向き合っていくことになります。

2. 登場人物

  • 亜鉛太郎:元ヤクザの男。刑期を終えて社会復帰を目指す。
  • 亜鉛花:亜鉛太郎の娘。父親の過去を知らずに育つ。
  • 辰巳:亜鉛太郎の元舎弟。
  • 田村:刑事。亜鉛太郎の事件を担当する。
  • 織田:ヤクザの組長。

3. テーマ

  • 家族の絆
  • 生きる意味
  • 社会の闇

4. 口コミ

  • 面白い!

桐野夏生さんの作品は初めて読みましたが、とても面白かったです。最後までハラハラドキドキしながら読みました。

  • 登場人物に感情移入した

登場人物たちのそれぞれの立場で、社会の闇と向き合う姿に、とても感情移入しました。

  • 考えさせられる作品

家族の絆や、生きる意味など、考えさせられる作品でした。

5. その他

  • 2022年に刊行された作品。
  • 第57回吉川英治文学賞を受賞。
  • 2024年4月からNHK総合でテレビドラマ化される予定。

6. まとめ

『燕は戻ってこない』は、桐野夏生さんの代表作の一つです。面白いだけでなく、考えさせられる作品でもあります。ぜひ読んでみてください。