百年と一日 柴崎 友香 (著)

蜜蜂と遠雷(上) 恩田陸 著 要約と口コミ

あらすじ

3年に1度開催される、世界最高峰のピアノコンクール「芳ヶ江国際ピアノコンクール」。その第10回大会に、4人の若き天才ピアニストたちが集結します。

  • 自宅に楽器を持たない少年・風間塵(16歳)
  • かつて天才少女としてデビューしながら、母の死をきっかけに弾けなくなった栄伝亜夜(20歳)
  • 楽器店勤務のサラリーマン・高島明石(28歳)
  • 完璧な技術と音楽性を持つ優勝候補・マサル(19歳)

4人は、それぞれの人生を背負い、音楽への情熱を胸に、コンクールに挑みます。

書評

  • 音楽に詳しくなくても楽しめる、奥深い作品。
  • 登場人物たちの成長物語に、勇気をもらえる。
  • 最後までハラハラドキドキしながら読んだ。
  • 何度も読み返したくなる、大好きな作品。
  • 映画も見たけど、小説の方が感動した。

口コミ

  • 恩田陸渾身の音楽小説、ついに登場!(朝日新聞)
  • 4人の天才ピアニストたちの情熱と葛藤を描いた、感動巨編。(読売新聞)
  • 音楽が好きな人も、そうでない人も楽しめる、心を揺さぶる作品。(毎日新聞)
  • まるでコンクールの会場にいるような臨場感。(週刊文春)
  • 登場人物たちの心情描写が繊細で、共感せずにはいられない。(Book Bang)

その他

  • 第153回芥川賞受賞作品。
  • 2019年に映画化され、大ヒット。
  • 2020年に漫画化。
  • 舞台化、朗読劇化もされている。