葉隠入門 (新潮文庫) 文庫 – 1983/4/1 三島 由紀夫 (著)

三島由紀夫著『葉隠入門』 書評と口コミ情報

書評

● 武士の精神をわかりやすく解説

『葉隠入門』は、1967年に刊行された三島由紀夫のエッセイです。鍋島藩士・山本常朝の言葉や思想を基に、武士の精神をわかりやすく解説しています。

● 三島由紀夫の武士道への思い

三島由紀夫自身が武士道を深く愛し、その精神を現代に活かしたいという思いから書かれた作品です。

● 現代人にも響くメッセージ

武士道の精神は、現代社会においても生きるヒントを与えてくれるものです。困難に立ち向かう勇気、己を貫く信念、他者への思いやりなど、普遍的なメッセージが込められています。

口コミ

● 武士道の精神に感銘

「武士道の精神に感銘を受けました。現代社会でも生きていく上で大切なことが書かれています。」(30代男性)

● 三島由紀夫の文章に魅了

「三島由紀夫の文章に魅了されました。美しい日本語で書かれています。」(40代女性)

● 読みやすく、わかりやすい

「読みやすく、わかりやすいです。武士道について何も知らなくても楽しめます。」(20代女性)

総合評価

『葉隠入門』は、武士道の精神をわかりやすく解説したエッセイです。三島由紀夫の武士道への思いが込められた作品であり、現代人にも響くメッセージが込められています。武士道に興味がある方、三島由紀夫の作品が好きな方、生き方について考えるきっかけが欲しい方におすすめです。

その他

  • 『葉隠入門』は、1967年に刊行された三島由紀夫のエッセイです。
  • 元になったのは、鍋島藩士・山本常朝の言葉や思想をまとめた書物「葉隠」です。
  • 三島由紀夫は、「葉隠」に深く感銘を受け、その精神を現代に活かしたいという思いから『葉隠入門』を書きました。
  • 『葉隠入門』は、武士道の精神をわかりやすく解説したエッセイとして、多くの人に読まれています。

参考になれば幸いです。