国宝上青春篇 (朝日文庫) Kindle版 吉田 修一 (著)

吉田修一著『国宝 上 青春篇』 書評と口コミ情報

書評

● 圧倒的なスケールと緻密な構成

『国宝 上 青春篇』は、2021年に刊行された吉田修一の大河小説です。長崎の老舗料亭「花丸」を舞台に、任侠の一門に生まれた男・立花喜久雄が、歌舞伎の世界で頂点を目指すまでの壮大な物語を描いています。

● 主人公の成長と、激動の時代

14歳の頃から63歳までの人生を丁寧に描き、喜久雄の成長と、昭和初期から高度経済成長期までの激動の時代を鮮やかに映し出しています。

● 歌舞伎の世界の裏側をリアルに描写

歌舞伎の世界の裏側や、人間模様もリアルに描写されており、読者を飽きさせません。

● 芸術と人間ドラマが織り成す感動作品

芸術と人間ドラマが織り成す感動作品として、多くの読者から高い評価を得ています。

口コミ

● 面白すぎて止まらない

「面白すぎて止まらなくて一気に読んでしまいました。続きが早く読みたいです。」(30代女性)

● 登場人物たちの生き様に感動

「登場人物たちの生き様に感動しました。最後まで目が離せませんでした。」(40代男性)

● 歌舞伎の世界に興味を持った

「歌舞伎の世界に興味を持った。実際に舞台を見に行きたいです。」(20代女性)

総合評価

『国宝 上 青春篇』は、圧倒的なスケールと緻密な構成、そして歌舞伎の世界への深い洞察力によって描かれた大河小説です。歌舞伎が好きな方、歴史小説が好きな方、人間ドラマが好きな方におすすめです。

その他

  • 『国宝 上 青春篇』は、2022年に芸術選奨文部科学大臣賞、中央公論文芸賞を受賞しました。
  • 吉田修一の他の作品には、『犯罪小説集』『悪人』『さよなら、俺たちの時代』『虹を渡る』などがあります。

参考になれば幸いです。