黒牢城 米澤 穂信 (著)

米澤穂信著『黒牢城』 書評と口コミ情報

書評

戦国×本格×社会派が三位一体となった傑作ミステリ

2022年に発表された米澤穂信の小説『黒牢城』は、織田信長の謀反に立ち向かう荒木村重を主人公に、籠城戦の中で起きる四つの事件の謎解きを描いた本格ミステリーです。従来のミステリー小説の枠を超えた、戦国時代という舞台設定と社会派的なテーマが織り込まれた斬新な作品として、多くの読者から高い評価を得ています。

緻密な伏線と巧みなミスリード

米澤穂信は、巧妙な伏線とミスリードで読者を翻弄します。事件の真相に迫るにつれて、物語は意外な展開を見せ、最後まで目が離せません。

戦国時代のリアルな描写

戦国時代の武将や兵士たちの心理描写や、当時の社会情勢をリアルに描写した点も本作の魅力の一つです。

読み応えのある長編

文庫本で約600ページという長編ですが、飽きることなく最後まで読むことができます。

各界から絶賛

書評家やミステリーファンだけでなく、歴史小説ファンからも絶賛されている作品です。

口コミ

今まで読んだミステリー小説の中で一番面白い

「今まで読んだミステリー小説の中で一番面白かったです。戦国時代という舞台設定も斬新で、最後まで目が離せませんでした。」(30代男性)

米澤穂信さんの真骨頂

「米澤穂信さんの真骨頂とも言える作品だと思います。他の作品も読んでみたいです。」(40代女性)

歴史小説が好きな人にもおすすめ

「歴史小説が好きな人にもおすすめできる作品です。戦国時代のリアルな描写が面白いです。」(20代女性)

総合評価

『黒牢城』は、緻密な伏線と巧みなミスリード、そして戦国時代のリアルな描写が魅力の本格ミステリー小説です。米澤穂信ファンはもちろん、ミステリー小説や歴史小説が好きな方にもおすすめです。

その他

  • 『黒牢城』は、2022年に第75回推理小説大賞、第19回本屋大賞を受賞しました。
  • 米澤穂信の他の作品には、『氷菓』『古典部の探偵譚』『インビジブル』などがあります。

参考になれば幸いです。