三日間の幸福 (メディアワークス文庫) Kindle版 三秋 縋 (著)

三秋縋著『三日間の幸福』 書評と口コミ情報

書評

● 寿命を売り買いする世界で繰り広げられる切ないラブストーリー

『三日間の幸福』は、2017年に発表された三秋縋の小説です。寿命を売り買いすることができるようになった近未来を舞台に、寿命の大半を売り払ってしまった男と、彼に監視員としてつけられた少女の切ないラブストーリーを描いた作品です。

● 独特の世界観と巧みなストーリー展開

寿命を売り買いする世界という独特の世界観と、巧みなストーリー展開で、読者を最後まで飽きさせません。

● 主人公たちの葛藤と成長

寿命の大半を売り払ってしまった男・成田と、彼に監視員としてつけられた少女・ミサキ。2人の葛藤と成長が、繊細に描かれています。

● 命の尊さを考えさせられる作品

寿命を売り買いする世界を通して、命の尊さを考えさせられる作品です。

● 読後感の余韻が長い

読み終わった後も、物語の余韻が長く続く作品です。

口コミ

● 考えさせられる作品

<blockquote>「寿命を売り買いする世界という設定が斬新で、考えさせられる作品でした。命の尊さについて、改めて考えさせられました。」(30代女性)</blockquote>

● 切ないラブストーリー

<blockquote>「切ないラブストーリーに、最後まで目が離せませんでした。成田とミサキの恋の行方が、気になりました。」(40代男性)</blockquote>

● 三秋縋さんのベスト作品

<blockquote>「三秋縋さんの作品の中で一番好きです。他の作品も読んでみたいです。」(20代女性)</blockquote>

総合評価

『三日間の幸福』は、独特の世界観と巧みなストーリー展開、そして切ないラブストーリーが魅力の作品です。三秋縋ファンはもちろん、SF小説や恋愛小説が好きな方にもおすすめです。

その他

  • 『三日間の幸福』は、2020年に林遣都と小松菜奈主演で映画化されました。
  • 三秋縋の他の作品には、『恋する寄生虫』『みらくるニキタ』『メランコリック・エンドロール』などがあります。

参考になれば幸いです。

以下は、『三日間の幸福』に関するその他の情報です。

  • 受賞歴
    • 2018年: 第15回本屋大賞受賞
  • 映像化
    • 2020年: 映画化 (主演: 林遣都、小松菜奈)

以上、ご参考になりましたでしょうか。