博士の愛した数式 (新潮文庫) 小川 洋子 (著)

小川洋子著『博士の愛した数式』 書評と口コミ情報

書評

● 記憶喪失の数学者と家政婦の心温まる交流

『博士の愛した数式』は、1993年に発表された小川洋子の人気小説です。80分しか記憶を保てない数学者・高木と、彼を雇われた家政婦・家福との心温まる交流を描いた作品です。

● ユーモアとペーソスあふれるストーリー

ユーモアとペーソスあふれるストーリーは、読者に深い感動を与えます。

● 登場人物たちの個性

記憶喪失の数学者・高木、家政婦・家福、高木の元教え子・根津など、個性豊かな登場人物たちが魅力です。

● 愛とは何か、生きるとは何か

記憶喪失というハンデを背負いながらも、明るく前向きに生きる高木の姿は、読者に勇気を与えてくれます。愛とは何か、生きるとは何か、といった普遍的なテーマを考えさせてくれます。

口コミ

● 涙なしでは読めません

<blockquote>「温かい気持ちと切ない気持ちで、涙なしでは読めませんでした。心が洗われるような作品です。」(30代女性)</blockquote>

● 心が軽くなる

<blockquote>「読んでいる間は、心が軽くなりました。人生って素晴らしいと思える作品です。」(40代男性)</blockquote>

● 小川洋子さんのベスト作品

<blockquote>「小川洋子さんの作品の中で一番好きです。何度読んでも心に響きます。」(20代女性)</blockquote>

総合評価

『博士の愛した数式』は、ユーモアとペーソスあふれるストーリー、そして心温まる交流を描いた作品です。小川洋子ファンはもちろん、読書初心者の方にもおすすめです。

その他

  • 『博士の愛した数式』は、1994年に第42回野間文芸賞、1995年に第10回柴田錬三郎賞を受賞しました。
  • 2006年には、堤真一と中谷美紀主演で映画化されました。
  • 小川洋子の他の作品には、『かもめ食堂』『ブラジル・コーヒー』『銭湯の娘』などがあります。

参考になれば幸いです。

以下は、『博士の愛した数式』に関するその他の情報です。

  • 受賞歴
    • 1994年: 第42回野間文芸賞受賞
    • 1995年: 第10回柴田錬三郎賞受賞
  • 映像化
    • 2006年: 映画化 (主演: 堤真一、中谷美紀)

以上、ご参考になりましたでしょうか。