望月の烏 八咫烏シリーズ 阿部 智里 (著)

阿部智里著『望月の烏 八咫烏シリーズ』 書評と口コミ情報

書評

● 緻密な時代考証と本格的な推理小説

『望月の烏 八咫烏シリーズ』は、平安時代を舞台に、源頼朝の側近である陰陽師・安倍晴明を主人公とした本格的な推理小説です。阿部智里の丁寧な時代考証と巧みな伏線、そしてハラハラドキドキのストーリー展開が魅力の作品です。

● 陰陽師の世界を堪能できる

平安時代の陰陽師たちの生活や思想がリアルに描写されており、読者はまるで平安時代にタイムスリップしたような感覚を味わえます。

● 主人公・安倍晴明の魅力

天才陰陽師でありながら、人間味溢れる安倍晴明の姿は、多くの読者を魅了しています。

● シリーズを通して楽しめる

『望月の烏』は、八咫烏シリーズの一作目ですが、単体で読んでも十分楽しめます。シリーズを通して読むことで、より深く物語を楽しむことができます。

口コミ

● 面白くてハマった

<blockquote>「平安時代の陰陽師を主人公にした推理小説なんて、今まで読んだことがありませんでした。面白くてハマってしまいました。」(30代女性)</blockquote>

● 時代考証がすごい

<blockquote>「平安時代の様子がリアルに描写されていて、まるで自分がその場ににいるような感覚になりました。時代考証がすごいですね。」(40代男性)</blockquote>

● 阿部智里さんのファンになった

<blockquote>「阿部智里さんの作品は初めて読みましたが、ファンになりました。他の作品も読んでみたいです。」(20代女性)</blockquote>

総合評価

『望月の烏 八咫烏シリーズ』は、緻密な時代考証と本格的な推理小説、そして陰陽師の世界を堪能できる作品です。平安時代ミステリーに興味がある方、安倍晴明ファンの方におすすめです。

その他

  • 『望月の烏 八咫烏シリーズ』は、2023年に第1巻が発売され、現在も続刊中です。
  • 阿部智里の他の作品には、『陰陽師 藤原道長』『帝都六波羅迷宮事件』などがあります。

参考になれば幸いです。

以下は、『望月の烏 八咫烏シリーズ』に関するその他の情報です。

  • 最新刊情報
    • 最新刊は『望月の烏 八咫烏シリーズ 第二話 陰陽師と帝の呪詛』(2024年3月発売)
  • 著者情報
    • 阿部智里は、1979年生まれの小説家。2014年に『陰陽師 藤原道長』でデビュー。
  • シリーズ情報
    • 『望月の烏 八咫烏シリーズ』は、平安時代を舞台とした陰陽師ミステリーシリーズ。

以上、ご参考になりましたでしょうか。