天使の囀り (角川ホラー文庫) Kindle版 貴志 祐介 (著)

貴志祐介著『天使の囀り』 書評と口コミ情報

書評

● 緻密な構成と美しい文章

『天使の囀り』は、2000年に発表された貴志祐介のホラー小説です。音響監督の男が、ある日突然、耳に聞こえないはずの高音域の音が聞こえるようになり、その音に導かれて様々な事件に巻き込まれていくというストーリーです。

● 読者を惹きつける巧みな語り口

貴志祐介特有の、読者を惹きつける巧みな語り口は本作でも健在です。徐々に明らかになっていく謎と、主人公の心理描写は、読者を最後まで飽きさせません。

● ホラーでありながら、人間ドラマとしても楽しめる

『天使の囀り』は、ホラー小説でありながら、人間ドラマとしても楽しめる作品です。主人公の葛藤や成長、そして周囲の人々との関わりは、読者の心に深く響きます。

● 読後感の余韻が長く続く

読み終わった後も、物語の余韻が長く続く作品です。音という目に見えない存在の恐怖と、人間の心の闇を巧みに描いた、貴志祐介の代表作の一つと言えるでしょう。

口コミ

● 怖いけど面白い

<blockquote>「すごく怖かったけど、面白くて一気に読んでしまいました。最後まで目が離せませんでした。」(30代女性)</blockquote>

● 考えさせられる作品

<blockquote>「ホラー小説というよりは、人間ドラマとして読んだ方が深い作品だと思います。音という目に見えない存在の恐怖について、考えさせられました。」(40代男性)</blockquote>

● 貴志祐介の作品の中で一番好き

<blockquote>「貴志祐介の作品の中で一番好きです。何度読んでも飽きません。」(20代女性)</blockquote>

総合評価

『天使の囀り』は、緻密な構成と美しい文章、そして読者を惹きつける巧みな語り口で描かれた、ホラー小説でありながら人間ドラマとしても楽しめる作品です。読み応えのある作品をお探しの方、貴志祐介ファンの方におすすめです。

その他

  • 『天使の囀り』は、2001年にテレビドラマ化されました。主演は松任谷由実と江口洋介でした。
  • 貴志祐介の他の作品には、『黒祠の少女』、『LIMITS リミッツ』、『悪夢のエレベーター』などがあります。

参考になれば幸いです。

以下は、『天使の囀り』に関するその他の情報です。

  • 受賞歴
    • 2001年: 第3回ホラー小説大賞受賞
  • 映像化
    • 2001年: テレビドラマ化 (主演: 松任谷由実、江口洋介)

以上、ご参考になりましたでしょうか。