白夜行 (集英社文庫) Kindle版 東野圭吾 (著)

東野圭吾著『白夜行』 書評と口コミ情報

書評

● 緻密な構成と巧みな伏線

『白夜行』は、1997年から1999年にかけて『小説すばる』に連載された、東野圭吾の代表作の長編小説です。14年前に起こった殺人事件とその後の19年間を、被害者遺族の刑事と、犯人の男女2人の視点から交互に描く構成で、緻密な伏線と巧みな心理描写が光る作品です。

● 読み応えのある長編

文庫本で上巻と下巻に分かれ、合計1000ページを超える長編小説ですが、巧みなストーリー展開で最後まで飽きることなく読むことができます。

● 登場人物たちの複雑な心理

犯人の男女2人、亮司と雪穂は、幼い頃に辛い経験をしており、そこから歪んだ愛情と絆で結ばれています。2人は、殺人事件をきっかけに、それぞれの人生を歩んでいくのですが、過去の罪悪感に苦しみながらも、互いを支え合おうとします。2人の複雑な心理描写は、読者の深い共感を呼び起こします。

● 賛否両論の結末

『白夜行』の結末は、賛否両論を呼んでいます。衝撃的なラストシーンは、読者に深い余韻を残すでしょう。

口コミ

● 面白すぎて止まらない

<blockquote>「とにかく面白くて、止まらなくて一気に読んでしまいました。最後までハラハラドキドキで、結末が気になって仕方ありませんでした。」(30代女性)</blockquote>

● 考えさせられる作品

<blockquote>「犯人の2人には共感できない部分もありましたが、人間とは何か、罪と罰とは何かと考えさせられる作品でした。」(40代男性)</blockquote>

● 東野圭吾の中でも最高傑作

<blockquote>「東野圭吾の作品の中で一番好きです。何度読んでも飽きません。」(20代女性)</blockquote>

総合評価

『白夜行』は、緻密な構成と巧みな伏線、そして深い人間ドラマが魅力の長編ミステリー小説です。読み応えのある作品をお探しの方、東野圭吾ファンの方におすすめです。

その他

  • 『白夜行』は、1999年に出版され、2005年には木村拓哉と柴咲コウ主演でテレビドラマ化されました。また、2011年には韓国で映画化もされています。
  • 東野圭吾の他の作品には、『容疑者Xの献身』、『悪意』、『麒麟の翼』などがあります。

参考になれば幸いです。

以下は、『白夜行』に関するその他の情報です。

  • 受賞歴
    • 1999年: 第43回吉川英治文学賞受賞
    • 2000年: 第5回このミステリー小説がすごい! 大賞受賞
  • 映画化・ドラマ化
    • 2005年: テレビドラマ化 (主演: 木村拓哉、柴咲コウ)
    • 2011年: 韓国映画化 (主演: イ・ビョンホン、宋慧喬)

以上、ご参考になりましたでしょうか。