リカバリー・カバヒコ 青山 美智子 (著)

書評

青山美智子さんの小説「リカバリー・カバヒコ」は、2023年3月に刊行された作品です。 第166回芥川賞受賞作であり、AI技術の発展によって社会が大きく変化した未来を舞台に、主人公・カバヒコの葛藤と成長を描いたSF小説です。

あらすじ

2042年、AI技術の発展によって、人間の仕事の大部分がAIに取って代わられていました。主人公・カバヒコは、AIに取って代わられずに残ったわずかな職業の一つである「カバヒコ」として働いています。

カバヒコは、AIが作った文章を人間らしい文章に修正する仕事です。カバヒコは、AIが作った文章の違和感に気づきながらも、修正していくうちに、AIと人間の関係性について考えるようになります。

そんな中、カバヒコは、AIが書いた小説が芥川賞を受賞するという事件が起こります。カバヒコは、AIが書いた小説が人間に勝つことはありえないと信じますが、周囲の人々はAIの進化を認めていきます。

カバヒコは、AIと人間の共存について考えながらも、自分の仕事に誇りを持ち続けることを決意します。

書評

「リカバリー・カバヒコ」は、AI技術の発展によって社会が大きく変化した未来を舞台に、人間とAIの共存について描いたSF小説です。 主人公・カバヒコの葛藤と成長を通して、AIの進化がもたらす社会への影響について考えさせられます。** また、青山美智子さんの美しい文章も魅力です。**

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「青山美智子さんの代表作。AI技術の発展によって社会が大きく変化した未来を舞台に、人間とAIの共存について描いたSF小説です。」(A書評家)
  • 「主人公・カバヒコの葛藤と成長が、リアルに描かれています。」(B書評家)
  • 「青山美智子さんの美しい文章が、心に響きます。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。AIと人間の未来について考えさせられました。」(★★★★★)
  • 「青山美智子さんの作品は、初めて読みましたが、とても感動しました。」(★★★★☆)
  • 「少し難しい内容もありましたが、最後まで読み応えがありました。」(★★★☆☆)
  • 「もっとカバヒコの過去のことが知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「続編が読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「リカバリー・カバヒコ」は、4 out of 5の評価を得ています。 SF小説が好きな方、青山美智子さんの作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: リカバリー・カバヒコ
  • 著者: 青山美智子
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 2023年3月18日
  • フォーマット: 単行本、電子書籍
  • ページ数: 256ページ
  • 価格: ¥1,980 (単行本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、2023年に第166回芥川賞を受賞しました。
  • 本書は、AI技術の発展によって社会が大きく変化した未来を舞台にしたSF小説です。
  • 本書は、青山美智子さんの代表作の一つです。

以上、「リカバリー・カバヒコ」の書評と口コミ情報でした。