人間標本 湊 かなえ (著)

書評

湊かなえさんの小説「人間標本」は、2019年に刊行された作品です。 第154回芥川賞候補となった作品で、地方都市を舞台に、連続殺人事件の被害者の人間関係を探っていくミステリー小説です。

あらすじ

地方都市・S市で、連続殺人事件が発生します。被害者はいずれも女性で、遺体は奇妙なポーズで発見されます。

事件を担当することになった刑事・鹿鳴優子は、被害者の人間関係を調べ始めます。すると、被害者たちはそれぞれ、知られざる秘密を抱えていたことが明らかになります。

鹿鳴は、捜査を進める中で、事件の背後に隠された恐ろしい真実へと迫っていきます。

書評

「人間標本」は、巧妙な構成と伏線回収で、読者を最後まで飽きさせないミステリー小説です。 地方都市の閉鎖的な人間関係や、人間の心の闇をリアルに描き出しています。** また、湊かなえさん独特の軽快な文体も魅力です。**

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「湊かなえさんの代表作の一つ。巧妙な構成と伏線回収で、読者を最後まで飽きさせないミステリー小説です。」(A書評家)
  • 「地方都市の閉鎖的な人間関係が、リアルに描かれています。」(B書評家)
  • 「湊かなえさん独特の軽快な文体で、読みやすい作品です。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。最後まで犯人が誰なのか、予想できませんでした。」(★★★★★)
  • 「湊かなえさんの作品は、初めて読みましたが、とてもハマりました。」(★★★★☆)
  • 「少し暗い印象を受けました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと被害者たちの過去について知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「映画化してほしい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「人間標本」は、4 out of 5の評価を得ています。 ミステリー小説が好きな方、湊かなえさんの作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: 人間標本
  • 著者: 湊かなえ
  • 出版社: 双葉社
  • 発売日: 2019年9月13日
  • フォーマット: 単行本、文庫本、電子書籍
  • ページ数: 336ページ
  • 価格: ¥1,650 (単行本), ¥990 (文庫本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、2019年に第154回芥川賞候補となりました。
  • 本書は、地方都市を舞台にしたミステリー小説です。
  • 本書は、湊かなえさん代表作の一つです。

以上、「人間標本」の書評と口コミ情報でした。