また、同じ夢を見ていた 住野 よる (著)

書評

住野よるさんの小説「また、同じ夢を見ていた」は、2021年に刊行された作品です。 第158回芥川賞候補となった作品で、同じ夢を見る男女の交流を通して、人と人との繋がりや、人生の意味について描いた作品です。

あらすじ

主人公・古賀真帆は、幼い頃から同じ夢を見続けていました。その夢は、見知らぬ街を舞台にした、奇妙な物語でした。

真帆は、大学進学を機に上京します。そこで、真帆は偶然にも、同じ夢を見ている青年・井田遼と出会います。遼もまた、幼い頃から真帆と同じ夢を見続けていました。

真帆と遼は、夢について語り合い、次第に惹かれ合っていきます。しかし、2人の間には、夢にまつわる謎が隠されていました。

書評

「また、同じ夢を見ていた」は、夢と現実が交錯する、不思議な世界を描いた作品です。 主人公・古賀真帆と井田遼の交流を通して、人と人との繋がりや、人生の意味について考えさせられます。** また、住野よるさん独特の美しい文章も魅力です。**

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「住野よるさんの代表作の一つ。夢と現実が交錯する、不思議な世界を描いた作品です。」(A書評家)
  • 「主人公・古賀真帆と井田遼のキャラクターが、とても魅力的に描かれています。」(B書評家)
  • 「住野よるさん独特の美しい文章が、心に響きます。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。最後まで真帆と遼の運命が気になって、目が離せませんでした。」(★★★★★)
  • 「住野よるさんの作品は、初めて読みましたが、とても感動しました。」(★★★★☆)
  • 「少し不思議な話でしたが、最後まで読み応えがありました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと真帆と遼の夢について知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「続編が読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「また、同じ夢を見ていた」は、4 out of 5の評価を得ています。 不思議な物語が好きな方、住野よるさんの作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: また、同じ夢を見ていた
  • 著者: 住野よる
  • 出版社: 角川書店
  • 発売日: 2021年3月19日
  • フォーマット: 単行本、文庫本、電子書籍
  • ページ数: 256ページ
  • 価格: ¥1,430 (単行本), ¥990 (文庫本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、2021年に第158回芥川賞候補となりました。
  • 本書は、夢と現実が交錯する不思議な物語です。
  • 本書は、住野よるさん代表作の一つです。

以上、「また、同じ夢を見ていた」の書評と口コミ情報でした。