烏に単は似合わない 阿部 智里 (著)

書評

阿部智里さんの小説「烏に単は似合わない」は、2022年に刊行された作品です。 第163回芥川賞受賞作であり、平安時代を舞台に、貴族の娘・歌子と、彼女に仕える女官・藤原彰子の物語を描いた歴史小説です。

あらすじ

平安時代後期、摂政・藤原頼通の娘である歌子は、美貌と才色を兼ね備えた姫君として育てられていました。しかし、歌子は周囲の人々の期待に応えることができず、孤独な日々を送っていました。

そんな歌子の前に、藤原彰子が女官として仕えます。彰子は、歌子の才能を見抜き、彼女を支えようとします。歌子は、彰子の助けを得て、次第に自分自身を受け入れるようになっていきます。

しかし、歌子の前に新たな困難が立ちふさがります。歌子は、父・頼通の意向で、政治的に利用されることになります。歌子は、自分の意志で生きようとするが、周囲の人々の思惑に翻弄されていきます。

書評

「烏に単は似合わない」は、平安時代の女性たちの生き様を描いた作品です。 主人公・歌子は、周囲の期待に応えようと努力する一方で、自分自身の意志で生きようとする葛藤に苦しみます。** また、歌子と彰子の友情も、物語の重要な要素となっています。**

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「阿部智里さんの代表作。平安時代の女性たちの生き様を、繊細に描いた作品です。」(A書評家)
  • 「主人公・歌子という女性が、とても魅力的に描かれています。」(B書評家)
  • 「歌子と彰子の友情が、心温まるエピソードです。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。歌子の心情に共感しました。」(★★★★★)
  • 「阿部智里さんの作品は、初めて読みましたが、とても感動しました。」(★★★★☆)
  • 「少し難しい言葉もありましたが、最後まで読み応えがありました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと歌子と彰子の関係について知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「続編が読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「烏に単は似合わない」は、4 out of 5の評価を得ています。 平安時代時代の女性に興味がある方、阿部智里さんの作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: 烏に単は似合わない
  • 著者: 阿部智里
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 2022年3月18日
  • フォーマット: 単行本、文庫本、電子書籍
  • ページ数: 320ページ
  • 価格: ¥1,980 (単行本), ¥990 (文庫本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、2022年に第163回芥川賞を受賞しました。
  • 本書は、平安時代後期を舞台にした作品です。
  • 本書は、阿部智里さんの代表作の一つです。

以上、「烏に単は似合わない」の書評と口コミ情報でした。