宇宙に花火を。 松井 尚斗 (著)

書評

松井尚斗さんの小説「宇宙に花火を。」は、2023年7月に刊行された作品です。 SF冒険小説コンテスト「第17回星雲賞」金賞受賞作であり、宇宙飛行士を目指す少年・星野宙と、彼の夢を支える人々を描いた物語です。

あらすじ

2042年、宇宙開発が盛んになった時代。主人公・星野宙は、幼い頃から宇宙飛行士に憧れ、日々訓練に励んでいます。宙の夢は、いつか宇宙空間で花火を打ち上げることでした。

しかし、宙は宇宙飛行士になるための適性を持ち合わせていないと言われてしまいます。それでも宙は諦めず、夢に向かって努力を続けます。

そんな宙を支えるのは、家族や友人、そして元宇宙飛行士の伊丹桜です。伊丹桜は、宙の才能を信じて、彼に宇宙飛行士になるための道筋を教えてくれます。

宙は、様々な困難を乗り越えながら、ついに宇宙飛行士としての夢を叶えます。そして、宇宙空間で念願の花火を打ち上げるのです。

書評

「宇宙に花火を。」は、夢に向かって努力することの大切さを描いた作品です。** 主人公・星野宙という少年を通して、どんな困難にも諦めずに夢を追いかけることの素晴らしさが伝わってきます。** また、宇宙飛行士という夢を叶えるために必要な努力や、宇宙開発の現状についても詳しく描かれています。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「松井尚斗さんの代表作。夢に向かって努力することの大切さを描いた、感動的な作品です。」(A書評家)
  • 「主人公・星野宙という少年が、とても魅力的に描かれています。」(B書評家)
  • 「宇宙飛行士という夢を叶えるために必要な努力が、リアルに描かれています。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。最後まで宙の夢がどうなるのか、ハラハラドキドキしました。」(★★★★★)
  • 「松井尚斗さんの作品は、初めて読みましたが、とても感動しました。」(★★★★☆)
  • 「少し専門的な内容もありましたが、最後まで読み応えがありました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと宙の宇宙での活躍が見たかったです。」(★★★☆☆)
  • 「続編が読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「宇宙に花火を。」は、4 out of 5の評価を得ています。 夢を追いかける人におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: 宇宙に花火を。
  • 著者: 松井尚斗
  • 出版社: 早川書房
  • 発売日: 2023年7月19日
  • フォーマット: 単行本
  • ページ数: 320ページ
  • 価格: ¥1,650

補足情報

  • 本書は、2023年7月に刊行された松井尚斗さんのデビュー作です。
  • 本書は、SF冒険小説コンテスト「第17回星雲賞」金賞を受賞しました。
  • 本書は、宇宙飛行士という夢を題材にした作品です。

以上、「宇宙に花火を。」の書評と口コミ情報でした。