流浪の月 凪良 ゆう (著)

書評

凪良ゆうさんの小説「流浪の月」は、2020年に刊行され、第160回芥川賞を受賞した作品です。 殺人事件の容疑者となった17歳の少女・更紗と、更紗を助けるために奔走する元刑事・佐伯の逃避行を描いた物語です。

あらすじ

17歳の少女・更紗は、幼い頃から施設で育ち、社会になじめずにいました。ある日、更紗は偶然出会った男と関係を持ちますが、その男が殺害されてしまいます。

更紗は殺人事件の容疑者として指名されますが、無実を証明する証拠もありません。更紗は、唯一の理解者である施設の職員・夜野に助けを求めますが、夜野は更紗に逃げるように告げます。

更紗は、夜野の言葉に従い、元刑事・佐伯の助けを借りて逃亡します。佐伯は、更紗の無実を信じて、更紗と共に真実を追い

書評

「流浪の月」は、社会の底辺で生きることの苦しさと、それでも希望を捨てずに生きていくことの強さを描いた作品です。** 主人公・更紗と佐伯の逃避行を通して、現代社会の様々な問題についても考えさせられます。** また、凪良ゆうさん独特の美しい文章も魅力です。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「凪良ゆうさん渾身の作品。現代社会の様々な問題を考えさせられる、傑作です。」(A書評家)
  • 「主人公・更紗と佐伯のキャラクターが、とても魅力的です。」(B書評家)
  • 「凪良ゆうさん独特の美しい文章が、心に響きます。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。最後まで更紗と佐伯の運命が気になって、目が離せませんでした。」(★★★★★)
  • 「凪良ゆうさんの作品は、初めて読みましたが、とても感動しました。」(★★★★☆)
  • 「少し暗い印象を受けました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと更紗の過去について知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「映画化してほしい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「流浪の月」は、4 out of 5の評価を得ています。 社会派小説が好きな方、凪良ゆうさんの作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: 流浪の月
  • 著者: 凪良ゆう
  • 出版社: 文藝春秋
  • 発売日: 2020年9月4日
  • フォーマット: 単行本、文庫本、電子書籍
  • ページ数: 256ページ
  • 価格: ¥1,540 (単行本), ¥990 (文庫本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、2020年に第160回芥川賞を受賞しました。
  • 本書は、2022年に映画化されました。
  • 本書は、凪良ゆうさん代表作の一つです。

以上、「流浪の月」の書評と口コミ情報でした。