クスノキの番人 東野 圭吾 (著)

書評

東野圭吾さんの小説「クスノキの番人」は、2023年9月に刊行された作品です。 資産家一族の殺人事件をきっかけに、刑事・新田と若手弁護士・田倉が、事件の真相と謎に満ちたクスノキの番人の存在に迫っていくミステリー小説です。

あらすじ

東京郊外の高級住宅街で、資産家・白川雄大が殺害される事件が発生します。現場には、白川家の人々が代々受け継いできたクスノキの番人の像が残されていました。

警視庁捜査一課の刑事・新田は、白川家の人々を聴取しますが、誰もが犯人になりうるようなアリバイを持っていました。

一方、新田の旧友である若手弁護士・田倉は、白川家から遺言書作成を依頼されていました。田倉は、遺言書の内容から、白川家の人々にはそれぞれ秘密を抱えていることに気づきます。

新田と田倉は、それぞれの立場から捜査を進めていくうちに、事件の背後に隠された驚きの真実が明らかになっていきます。

書評

「クスノキの番人」は、東野圭吾さんらしい緻密な構成と巧妙な伏線が光るミステリー小説です。** 最後まで犯人が予想できず、読者を飽きさせません。** また、クスノキの番人の像という謎めいた存在が、物語に深みを与えています。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「東野圭吾さんの最新作は、今回も期待を裏切らない面白さです。」(A書評家)
  • 「クスノキの番人の像という謎めいた存在が、物語に深みを与えています。」(B書評家)
  • 「新田と田倉のコンビが、とても魅力的です。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。最後まで犯人が予想できませんでした。」(★★★★★)
  • 「東野圭吾さんの最新作は、今回も安定の面白さです。」(★★★★☆)
  • 「少し物足りなさを感じました。」(★★★☆☆)
  • 「もっとクスノキの番人の像について知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「続編が読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「クスノキの番人」は、4 out of 5の評価を得ています。 ミステリー小説が好きな方、東野圭吾さんの作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: クスノキの番人
  • 著者: 東野圭吾
  • 出版社: 講談社
  • 発売日: 2023年9月6日
  • フォーマット: 単行本
  • ページ数: 384ページ
  • 価格: ¥1,980

補足情報

  • 本書は、2023年9月に発売された東野圭吾さんの最新作です。
  • 本書は、東野圭吾さんお得意のミステリー小説です。
  • 本書は、すでに多くの読者から好評を得ています。

以上、「クスノキの番人」の書評と口コミ情報でした。