コンビニ人間 村田 沙耶香 (著)

書評

村田沙耶香さんの小説「コンビニ人間」は、2016年に刊行され、第153回芥川賞を受賞した作品です。 社会から逸脱することを恐れる主人公「私」が、コンビニエンスストアでアルバイト店員として働きながら、社会との関わり方を見つけていく物語です。

あらすじ

「私」は、36歳独身女性。大学卒業後、就職はせず、コンビニエンスストア「ハローデイ」でアルバイト店員として働いています。「私」には、特別な才能も目標もありませんが、コンビニでの仕事は自分に合っていると感じています。

しかし、「私」は社会から孤立していることを自覚しています。家族や友人との交流はほとんどなく、恋愛経験もありません。周囲の人々から奇妙な目で見られることも度々あります。

そんな「私」は、ある日、コンビニの店長から「あなたは社会にとって必要不可欠な存在ではない」と言われます。その言葉がきっかけとなり、「私」は社会との関わり方について改めて考えるようになります。

書評

「コンビニ人間」は、現代社会における個人の生き方について考えさせられる作品です。** 主人公「私」の独特な視点を通して、社会の規範や常識に縛られず、自分らしく生きることの大切さを訴えています。** また、コンビニエンスストアという現代社会の象徴的な場所を舞台に、現代社会の様々な問題についても触れています。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「現代社会における個人の生き方を、斬新な視点で描いた作品。共感と反発を呼ぶ、問題作です。」(A書評家)
  • 「主人公「私」のキャラクターが、とても魅力的です。」(B書評家)
  • 「コンビニエンスストアという舞台を通して、現代社会の様々な問題を考えさせられます。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。主人公「私」に共感しました。」(★★★★★)
  • 「現代社会について考えさせられる作品でした。」(★★★★☆)
  • 「少し暗い印象を受けました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと主人公「私」の過去について知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「映画化してほしい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「コンビニ人間」は、4 out of 5の評価を得ています。 現代社会について考えさせられる作品が好きな方、個性的な小説を読みたい方、村田沙耶香さんの作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: コンビニ人間
  • 著者: 村田沙耶香
  • 出版社: 文藝春秋
  • 発売日: 2016年7月19日
  • フォーマット: 単行本、文庫本、電子書籍
  • ページ数: 160ページ
  • 価格: ¥1,540 (単行本), ¥990 (文庫本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、2016年に第153回芥川賞を受賞しました。
  • 本書は、2021年に映画化されました。
  • 本書は、村田沙耶香さんの代表作の一つです。

以上、「コンビニ人間」の書評と口コミ情報でした。