殺戮にいたる病 我孫子武丸 (著)

書評

我孫子武丸さんのサスペンス小説「殺戮にいたる病」は、1997年に刊行され、第49回日本推理作家協会賞受賞作品です。 主人公の刑事・犬吠埼英明が、連続殺人事件の謎に挑む姿を描いた作品です。

あらすじ

1990年代、東京で連続殺人事件が発生します。被害者は皆、若い女性で、首を絞められた状態で発見されます。

警視庁捜査一課の刑事・犬吠埼英明は、この事件を担当することになります。犬吠埼は、綿密な捜査と鋭い洞察力によって、犯人に迫っていきます。

しかし、犯人は巧妙な手口で証拠を隠滅し、犬吠埼を翻弄していきます。犬吠埼は、犯人の正体と動機に迫るため、独自に調査を進めていきます。

書評

「殺戮にいたる病」は、緻密な構成と巧妙な伏線が光るサスペンス小説です。** 犯人の正体と動機が最後まで予想できず、読者を最後まで飽きさせません。** また、犬吠埼英明という個性的な刑事のキャラクターも魅力です。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「我孫子武丸さんの代表作の一つ。緻密な構成と巧妙な伏線で、読者を最後まで翻弄する。」(A書評家)
  • 「犬吠埼英明という刑事のキャラクターが、とても魅力的です。」(B書評家)
  • 「ラストの展開が衝撃的で、余韻が残る作品です。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても面白かったです。犯人の正体が最後まで予想できませんでした。」(★★★★★)
  • 「犬吠埼英明という刑事のファンになりました。」(★★★★☆)
  • 「少し難解な部分もありましたが、最後まで読み応えがありました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと犬吠埼英明の活躍が見たい。」(★★★☆☆)
  • 「続編が読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「殺戮にいたる病」は、4 out of 5の評価を得ています。 サスペンス小説が好きな方、謎解きが好きな方、我孫子武丸さんの作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: 殺戮にいたる病
  • 著者: 我孫子武丸
  • 出版社: 講談社
  • 発売日: 1997年9月18日
  • フォーマット: 単行本、文庫本、電子書籍
  • ページ数: 336ページ
  • 価格: ¥1,980 (単行本), ¥990 (文庫本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、1997年に第49回日本推理作家協会賞を受賞しました。
  • 本書は、2007年にWOWOWでドラマ化されました。
  • 本書は、我孫子武丸さんの代表作の一つです。

以上、「殺戮にいたる病」の書評と口コミ情報でした。