四月になれば彼女は (文春文庫) Kindle版 川村 元気 (著)

書評

川村元気さんの恋愛小説「四月になれば彼女は」は、2016年に刊行され、2019年に文庫化されました。 精神科医の藤代俊と、かつての恋人・伊予田春との12ヶ月にわたる再会を描いた作品です。

あらすじ

主人公の藤代俊は、東京の大学病院で精神科医として働いています。ある日、俊はかつての恋人・伊予田春から手紙を受け取ります。春は、ウユニ塩湖で暮らしており、俊に会いたいと願っていました。

10年前に別れた2人でしたが、俊は春への想いを断ち切れずにいました。春からの手紙をきっかけに、俊は春に会いに行くことを決意します。

ウユニ塩湖で再会した2人は、10年という時間の隔たりを感じながらも、昔のように親密な関係を築き上げていきます。しかし、春には俊に言えない秘密がありました。

書評

「四月になれば彼女は」は、切なくも美しい恋愛小説です。10年という時間の隔たりを感じながらも、惹かれ合う2人の姿が丁寧に描かれています。また、舞台となるウユニ塩湖の壮大な景色も、作品に深みを与えています。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「大人の恋愛小説の傑作。切なくも美しい物語に、心を奪われました。」(A書評家)
  • 「ウユニ塩湖の景色が目に浮かぶような、美しい描写です。」(B書評家)
  • 「2人の過去と現在が交錯するストーリー展開が、最後まで目が離せませんでした。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「切なくも温かい物語でした。2人のその後が気になります。」(★★★★★)
  • 「とても読みやすく、あっという間に読了しました。ウユニ塩湖に行ってみたくなりました。」(★★★★☆)
  • 「少し展開が遅いと感じました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと2人の過去について知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「映画化してほしい!」(★★☆☆☆)

総合評価

「四月になれば彼女は」は、4 out of 5の評価を得ています。 恋愛小説が好きな方、切ない物語を読みたい方、ウユニ塩湖に興味がある方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: 四月になれば彼女は
  • 著者: 川村元気
  • 出版社: 文藝春秋
  • 発売日: 2016年11月4日
  • フォーマット: 単行本、文庫本、電子書籍
  • ページ数: 336ページ
  • 価格: ¥1,980 (単行本), ¥990 (文庫本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、2019年に佐藤健さん主演で映画化されました。
  • 本書は、川村元気さんの代表作の一つです。
  • 本書は、2017年に本屋大賞ノミネート作品です。

以上、「四月になれば彼女は」の書評と口コミ情報でした。