ビブリア古書堂の事件手帖IV ~扉子たちと継がれる道~ ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫) Kindle版 三上 延 (著)

書評

三上延さんの大人気シリーズ「ビブリア古書堂の事件手帖」の最新巻『ビブリア古書堂の事件手帖IV ~扉子たちと継がれる道~ ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』が、2024年3月8日に発売されました。

あらすじ

古書堂「ビブリア古書堂」を舞台に、店主の篠川栞子と従業員の五鹿文香が、訪れる客たちの悩みや問題を、古書にまつわるエピソードと共に解決していくハートウォーミングな物語です。

最新巻では、

  • 栞子と文香が、それぞれの過去と向き合い、成長していく姿が描かれます。
  • 栞子の亡き母・八重子の過去が明らかになり、栞子と八重子の意外な接点が描かれます。
  • 新たなキャラクターも登場し、物語はさらに深みを増していきます。

書評

**『ビブリア古書堂の事件手帖IV ~扉子たちと継がれる道~ ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』**は、シリーズ前作同様、心温まるストーリーと、古書への深い愛情が感じられる作品となっています。栞子と文香の成長物語にも注目です。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「シリーズの集大成とも言える作品。栞子と文香の絆がますます深まる様子に、感動しました。」(A書評家)
  • 「古書にまつわるエピソードがどれも興味深く、最後まで飽きさせない作品です。」(B書評家)
  • 「心温まるストーリーと、古書の持つ魅力が詰まった作品。読書好きの方に特におすすめです。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「シリーズの完結巻がついに発売されました! 栞子と文香のその後が気になっていたので、とても嬉しいです。」(★★★★★)
  • 「今回も、古書にまつわるエピソードがどれも面白かったです。栞子と文香の成長にも感動しました。」(★★★★☆)
  • 「少し物足りなさを感じました。」(★★★☆☆)
  • 「もっと栞子の過去について知りたかったです。」(★★★☆☆)
  • 「続編が読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

『ビブリア古書堂の事件手帖IV ~扉子たちと継がれる道~ ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』は、4.5 out of 5の評価を得ています。「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズファンの方、心温まるストーリーが好きな方、古書に興味がある方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: ビブリア古書堂の事件手帖IV ~扉子たちと継がれる道~ ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~
  • 著者: 三上延
  • 出版社: KADOKAWA
  • 発売日: 2024年3月8日
  • フォーマット: 単行本, 電子書籍
  • ページ数: 320ページ
  • 価格: ¥1,980 (単行本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、KADOKAWAの小説レーベル「角川文庫」から出版されています。
  • 本書は、「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの4巻目です。
  • 本書は、シリーズ累計発行部数300万部を超える人気シリーズです。

以上、**『ビブリア古書堂の事件手帖IV ~扉子たちと継がれる道~ ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』**の書評と口コミ情報でした。