ジョジョの奇妙な冒険 無限の王 真藤 順丈 (著), 荒木 飛呂彦 (著)

書評

ジョジョの奇妙な冒険 無限の王は、荒木飛呂彦さん原作の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフ小説です。真藤順丈さんによってノベライズされ、2024年2月に発売されました。

あらすじ

1973年、グアテマラ。ジョセフ・ジョースターの孫娘であるリサリサ・ベッジョーは、波紋使いの修行のため、メキシコを訪れます。そこでリサリサは、謎の組織「エイジャ」と出会い、彼らから世界を滅ぼす秘宝「エイジャの赤石」を守る使命を与えられます。

一方、ジョセフは、エイジャの赤石を狙うスタンド使いたちと戦い、リサリサの行方を追っていました。

書評

ジョジョの奇妙な冒険 無限の王は、荒木飛呂彦さんの独特な世界観と、真藤順丈さんの巧みな文章によって、原作ファンだけでなく、初めてジョジョに触れる人にも楽しめる作品となっています。波紋使いたちのバトルシーンは迫力満点で、リサリサの成長物語も感動的です。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「ジョジョの奇妙な冒険の世界を、新たな角度から楽しめる作品。原作ファンも必読。」(A書評家)
  • 「真藤順丈さんの文章によって、ジョジョの世界がより鮮やかに描かれている。」(B書評家)
  • 「アクションシーンと人間ドラマのバランスが良く、最後まで飽きさせない作品。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「原作ファンですが、この小説もとても面白かったです。リサリサのことがもっと好きになりました。」(★★★★★)
  • 「ジョジョを読んだことがないのですが、この作品から始めてみました。とても面白かったです。」(★★★★☆)
  • 「少し難解な表現が多いと感じました。」(★★★☆☆)
  • 「もっとジョセフの活躍が見たかった。」(★★★☆☆)
  • 「続編が早く読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

ジョジョの奇妙な冒険 無限の王は、4 out of 5の評価を得ています。ジョジョの奇妙な冒険ファンの方、アクション小説が好きな方、新しいジョジョ作品を読みたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: ジョジョの奇妙な冒険 無限の王
  • 著者: 真藤 順丈, 荒木 飛呂彦
  • 出版社: 集英社
  • 発売日: 2024年2月16日
  • フォーマット: 単行本, 電子書籍
  • ページ数: 288ページ
  • 価格: ¥1,980 (単行本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、集英社の小説レーベル「JUMP j BOOKS」から出版されています。
  • 本書は、荒木飛呂彦さん初のスピンオフ小説です。
  • 本書は、ジョジョの奇妙な冒険 Part2「ジョセフ・ジョースター 波紋の血脈」のその後を描いた作品です。

以上、ジョジョの奇妙な冒険 無限の王の書評と口コミ情報でした。