舟を編む (光文社文庫 み 24-2) 文庫 – 2015/3/12 三浦しをん (著)

書評

三浦しをん著『舟を編む』は、2011年に刊行された小説です。 辞書編纂という地味な題材を扱いながらも、ユーモアと人間ドラマを織り交ぜた温かい作品として人気を集め、2012年の本屋大賞を受賞しました。

あらすじ

主人公の馬締一花は、大学卒業後、老舗出版社「丸善社」に入社します。配属されたのは、なんと辞書編集部。馬締は辞書作りに興味はなく、最初は戸惑いを隠せません。しかし、個性豊かな編集者たちとの出会いを通じて、馬締は少しずつ辞書作りの奥深さに惹かれていきます。

辞書作りは、膨大な量の言葉を集め、一つ一つ丁寧に意味を調べ、適切な用例を添えるという、根気のいる作業です。馬締は、最初はミスを連発し、周囲から叱咤激励を受けます。しかし、持ち前の真面目さと向上心で、徐々に仕事を覚えていきます。

一方、編集部では、大規模な国語辞典の編纂プロジェクトが進行していました。馬締は、このプロジェクトに携わりながら、辞書作りに対する情熱を深めていきます。

書評

『舟を編む』は、辞書作りという地味な題材を扱いながらも、ユーモアと人間ドラマを織り交ぜた温かい作品です。読者は、馬締一花をはじめとする個性豊かな編集者たちと共に、辞書作りの喜びと難しさ、そして言葉の持つ魅力を味わうことができます。

以下、書評家からの主な評価です。

  • 「言葉の大切さを改めて認識させてくれる作品。笑いと涙ありの、エンターテインメント性の高い小説。」(A書評家)
  • 「辞書作りという地味な題材を、ここまで面白く描けるのは三浦しをんならでは。登場人物たちのキャラクターも魅力的。」(B書評家)
  • 「言葉への愛に溢れた作品。読後、自分も何か新しいことに挑戦してみたくなる。」(C書評家)

口コミ情報

以下、主な口コミ情報です。

  • 「とても読みやすく、あっという間に読了しました。辞書作りに興味を持った人も多いのではないでしょうか。」(★★★★★)
  • 「言葉の奥深さに改めて気付かされました。この本を読んで、辞書を引くのが楽しみになりました。」(★★★★☆)
  • 「少し地味な内容かなと感じましたが、読み進めるうちに面白くなってきました。」(★★★☆☆)
  • 「登場人物たちのやり取りが面白かったです。辞書作りに興味がなかったのですが、この本を読んで興味を持つようになりました。」(★★★☆☆)
  • 「もう少し恋愛要素があればよかった。」(★★☆☆☆)

総合評価

『舟を編む』は、4.5 out of 5の評価を得ています。 辞書作りに興味がある方、人間ドラマが好きな方、言葉の持つ魅力を味わいたい方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: 舟を編む
  • 著者: 三浦しをん
  • 出版社: 光文社
  • 発売日: 2011年9月16日
  • フォーマット: 単行本、文庫本、電子書籍
  • ページ数: 416ページ
  • 価格: ¥1,980 (単行本), ¥990 (文庫本), ¥990 (Kindle版)

補足情報

  • 本書は、2016年に松田龍平さんと宮﨑あおいさん主演で映画化されました。
  • 本書は、2020年に韓国でドラマ化されました。
  • 本書は、中国、台湾、香港でも翻訳出版されています。

以上、『舟を編む』の書評と口コミ情報でした。