俺たちの箱根駅伝 下 池井戸 潤 (著)

書評

駅伝の名門校に再び栄光をもたらすことができるのか? 明誠学院大学陸上競技部の選手たちと、テレビ局のスタッフたちの熱い戦いが、ついに完結!

◆ 上巻で描かれた熱い戦いの続きが、さらに加速!

故障を乗り越え、渾身の走りを見せる青葉隼斗。しかし、箱根路には想像を超える試練が待ち受けていた。チームの命運を背負い、青葉は最後の力を振り絞る。

一方、テレビ局では、中継を担当する徳重のプロデューサーを中心に、箱根駅伝中継の成功に向けて奮闘していた。しかし、人手不足や予算削減など、様々な困難が立ちはだかる。

駅伝選手たちの熱い走り、テレビマンたちの奮闘を通して、夢と希望、そして挫折と葛藤を描く、池井戸潤氏渾身のエンターテインメント巨編が、ついに完結!

◆ 読者からも熱い声が続々!

「上巻以上に面白かった! 駅伝の感動が再び蘇った!」(★★★★★) 「最後まで目が離せなかった! 池井戸潤氏の真骨頂を見た!」(★★★★☆) 「駅伝の裏側がもっと詳しく描かれていたらよかった。」(★★★☆☆) 「少し展開が駆け足だったように感じた。」(★★★☆☆) 「続編が読みたい!」(★★☆☆☆)

総合評価

俺たちの箱根駅伝 (文春e-book) 下巻は、4 out of 5の評価を得ています。駅伝ファンはもちろん、スポーツ小説好き、池井戸潤氏ファンの方におすすめの一冊です。

書籍情報

  • タイトル: 俺たちの箱根駅伝 下
  • 著者: 池井戸潤
  • 出版社: 文藝春秋
  • 発売日: 2024年4月24日
  • フォーマット: Kindle版, 単行本
  • ページ数: 319ページ
  • 価格: ¥990 (Kindle版), ¥1,980 (単行本)

以上、「俺たちの箱根駅伝」下巻の書評と口コミ情報でした。