「超」入門 失敗の本質 Kindle版 鈴木 博毅 (著)

「超」入門 失敗の本質 Kindle版

鈴木 博毅著

ダイヤモンド社

2012年4月5日発行

書籍概要

本書は、日本軍と現代日本に共通する組織的ジレンマを23の事例を通して分析し、失敗の本質を明らかにしたものです。

著者である鈴木博毅氏は、大学卒業後、貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、負ける組織と勝てる組織の違いを追求しながら、失敗の構造から新たなイノベーションへのヒントを探ることをライフワークとしています。

本書では、以下の点が特に詳細に解説されています。

  • 組織の構造的な問題
  • 意思決定の誤り
  • コミュニケーションの欠如
  • リーダーシップの不在
  • リスク管理の甘さ

これらの問題点が、どのように失敗につながるのか、具体的な事例を交えながら分かりやすく説明されています。

書籍のポイント

  • 豊富な事例: 本書では、日本軍の事例だけでなく、現代日本の企業や組織の失敗事例も数多く紹介されています。
  • 深い考察: 単に失敗の事実を紹介するだけでなく、その背景にある原因や構造を深く考察しています。
  • 普遍的な教訓: 組織や個人の失敗から得られる教訓は、時代や業種を問わず普遍的なものです。

書籍がおすすめな人

  • 失敗から学びたい人
  • 組織の課題を解決したい人
  • より良いリーダーになりたい人
  • 歴史に興味のある人

書籍の口コミ

本書は、Amazonで4.5の高評価を獲得しており、多くの読者から好評を得ています。

  • 「失敗の本質について深く理解することができました。」
  • 「組織の課題を考えるヒントがたくさんありました。」
  • 「歴史好きにはたまらない一冊です。」

まとめ

本書は、失敗の本質を深く理解し、そこから学びを得たい人におすすめの一冊です。組織の課題解決やリーダーシップ向上にも役立つでしょう。ぜひ本書を手に取って、失敗から成功へのヒントを見つけてください。