ファシリテーションの教科書―組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ Kindle版 グロービス (著), 吉田 素文 (著)

書籍情報

書名: ファシリテーションの教科書―組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ 著者: グロービス, 吉田 素文 出版社: 東洋経済新報社 発売日: 2014年11月13日 ASIN: B00P28A5M8 ページ数: 272ページ

書評

Amazonでの本書のレビューは、星4.5と高評価です。 多くの読者が、本書の内容が実践的で、すぐに役立つと評価しています。

**以下は、Amazonでの本書のレビューの一部です。

  • 「会議がスムーズに進められるようになった。」
  • 「参加者の意見を引き出しやすくなった。」
  • 「チームワークが向上した。」
  • 「自分のコミュニケーション能力が向上した。」
  • 「リーダーとして、必要なスキルを身につけることができた。」

本書は、以下のような方におすすめです。

  • 会議や研修を効果的に進めたい
  • チームのコミュニケーションを活性化させたい
  • リーダーとして、必要なスキルを身につけたい
  • 自分のコミュニケーション能力を向上させたい
  • ファシリテーションについて、体系的に学びたい

書籍の特徴

本書は、ファシリテーションの基本的な考え方から、具体的なテクニックまでを網羅した、ファシリテーションの教科書です。**

本書の特徴は以下の3点です。

  • 実践的な内容: 豊富な図表や事例を用いて、ファシリテーションをわかりやすく解説しています。
  • 体系的な構成: ファシリテーションのプロセスに沿って、体系的に内容が構成されています。
  • 豊富な経験に基づく: 著者である吉田素文氏は、15年以上のファシリテーション経験に基づいて、実践的なノウハウを伝授しています。

書籍の内容

本書では、ファシリテーションは以下の6つの要素で構成されていると説明しています。

  1. 目的の明確化: 会議や研修の目的を明確にする。
  2. 準備: 目的に基づいて、資料や議題を作成する。
  3. 場の設定: 参加者が安心して発言できる場を作る。
  4. 進行: 議論を円滑に進める。
  5. 合意形成: 参加者全員が納得できる結論を導き出す。
  6. フォローアップ: 会議や研修後のフォローアップを行う。

本書では、それぞれの要素について、具体的なテクニックを紹介しています。

**また、**本書では、ファシリテーターとして必要な心構えについても解説されています。

ファシリテーターとして必要な心構えは以下の3点です。

  • 参加者を尊重する: 参加者一人ひとりの意見を尊重し、発言しやすい場を作る。
  • 中立性を保つ: 自分の意見や立場を表明せず、議論を客観的に促進する。
  • ユーモアを持つ: ユーモアを交えながら、場を和ませる。

まとめ

ファシリテーションの教科書―組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップは、**ファシリテーションについて学びたい方、コミュニケーション能力を向上させたい方におすすめの一冊です。**ぜひ、手に取ってみてください。