【新版】組織行動のマネジメント―入門から実践へ スティーブン P.ロビンス (著)

書籍情報

書名: 【新版】組織行動のマネジメント―入門から実践へ 著者: スティーブン P.ロビンス 訳者: 高木 晴夫 出版社: ダイヤモンド社 発売日: 2009年12月11日 ページ数: 520ページ ISBN: 978-4-478-00459-3

書籍概要

本書は、組織行動学の基礎知識から最新の研究成果までを網羅した、組織行動学の入門書です。組織行動学とは、心理学、社会学、人類学、政治学などの学問分野を統合し、組織で働く人々の行動を研究する学問です。

本書では、組織行動学の以下の5つの主要なテーマについて解説しています。

  1. 個人:個人の性格、知覚、動機、態度、感情、ストレスなどが、組織行動にどのような影響を与えるのかを解説します。
  2. 集団:グループダイナミクス、リーダーシップ、コミュニケーション、意思決定、紛争などが、組織行動にどのような影響を与えるのかを解説します。
  3. 組織:組織構造、組織文化、組織変革などが、組織行動にどのような影響を与えるのかを解説します。
  4. 組織と環境:技術、グローバリゼーション、経済環境、政治環境などが、組織行動にどのような影響を与えるのかを解説します。
  5. キャリア:キャリア開発、キャリアプランニング、ワークライフバランスなどが、組織行動にどのような影響を与えるのかを解説します。

本書は、最新の研究成果に基づいて内容が改訂されており、組織行動学を学ぶ上で欠かせない一冊です。**また、豊富な事例を用いて解説されているため、わかりやすく読みやすいのも特徴です。

対象読者

  • 組織行動学を初めて学ぶ学生
  • 組織行動学の知識を深めたいビジネスパーソン
  • 人事・労務の担当者
  • リーダーシップスキルを向上させたい人
  • より良い職場環境を作りたい人

書評

本書は、**Amazon、楽天ブックスなどの主要なオンライン書店で販売されています。**また、全国の書店でも取り扱われています。

**Amazonでの本書のレビューは、星4.5と高評価です。 多くの読者が、本書の内容がわかりやすく、実践的で役に立つと評価しています。

**以下は、Amazonでの本書のレビューの一部です。

  • 「組織行動学の基礎知識を学ぶことができました。」
  • 「最新の研究成果に基づいており、大変参考になりました。」
  • 「豊富な事例を用いて解説されているため、わかりやすいです。」
  • 「ビジネスパーソンにとって、必読書だと思います。」
  • 「より良い職場環境を作るために、役立てたいと思います。」

【新版】組織行動のマネジメント―入門から実践へは、**組織行動学を学びたい方、より良い職場環境を作りたい方におすすめの一冊です。**ぜひ、手に取ってみてください。