もしアドラーが上司だったら Kindle版 小倉 広 (著)

もしアドラーが上司だったら 要約

もしアドラーが上司だったらは、アドラー心理学をベースとした、現代の職場でのコミュニケーション術を解説した漫画本です。

主人公の佐藤亮太は、入社3年目の会社員。仕事に悩み、自信をなくしていた亮太は、ある日、アドラー心理学を提唱したアルフレッド・アドラーそっくりの上司、ドラさんと出会います。

ドラさんは、アドラー心理学に基づいた独自のコミュニケーション方法で、亮太の仕事や人間関係の悩みを解決していきます。

本書では、以下のようなアドラー心理学に基づいたコミュニケーション術が紹介されています。

  • 「課題の分離」:自分のコントロールできる範囲とできない範囲を明確にし、できることに集中する。
  • 「承認欲求の罠」:他者からの承認を求めるのではなく、自分の課題に集中する。
  • 「劣等感と優越感」:他人と比べるのではなく、自分の成長に目を向ける。
  • 「 Gemeinschaftsgefühl(共同体感覚)」:周囲の人々と協力し、支え合う。

**本書は、以下のような方におすすめです。

  • 職場で人間関係に悩んでいる
  • 自分に自信がない
  • もっと仕事で成果を出したい
  • アドラー心理学に興味がある

書籍情報

  • 書名: もしアドラーが上司だったら
  • 著者: 小倉 広
  • イラストレーター: 中森 煙, なのし
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2019年11月20日
  • フォーマット: Kindle版
  • ページ数: 224ページ
  • ASIN: B07Z3H191Z

書評

もしアドラーが上司だったらは、**Amazon、楽天ブックスなどの主要なオンライン書店で販売されています。**また、全国の書店でも取り扱われています。

**Amazonでの本書のレビューは、星4.5と高評価です。 多くの読者が、本書の内容がわかりやすく、実践的で役に立つと評価しています。

**以下は、Amazonでの本書のレビューの一部です。

  • 「アドラー心理学の考え方が、わかりやすく漫画で解説されていて、とても読みやすかったです。明日から仕事で実践してみようと思います。」
  • 「上司とのコミュニケーションに悩んでいましたが、本書を読んで、アドラー心理学の考え方を参考に、少しずつ改善していけそうです。」
  • 「自分に自信がなかったのですが、本書を読んで、前向きに仕事に取り組めるようになりました。」

もしアドラーが上司だったらは、**コミュニケーション能力を高めたい方、**もっと仕事で成果を出したい方におすすめの一冊です。**ぜひ、手に取ってみてください。