水野学著「センスは知識からはじまる」 要約と口コミ

1. 書籍概要

書名: センスは知識からはじまる 著者: 水野学 出版社: 日経BP 出版年: 2014年 ページ数: 208ページ

2. 要約

本書は、**「センスは知識の集積」**という考えに基づき、センスを磨くための方法を説いたものです。

著者である水野学氏は、日本を代表するデザイナーとして、数多くの企業のブランディングや商品開発を手掛けてきました。本書では、自身の経験や考えを踏まえ、センスとは何か、どのように磨けばいいのかについて、わかりやすく解説しています。

主なポイント

  • センスとは、知識と経験に基づいた判断力である: センスは、生まれつき備わっているものではなく、知識と経験を積み重ねることで磨かれる。
  • センスを磨くためには、幅広い知識を身につけることが重要: デザイン、歴史、文化、社会など、様々な分野の知識を身につけることで、物事の本質を見抜く力が養われる。
  • 感性を磨くことも大切: 知識だけでなく、感性を磨くことも重要。五感を研ぎ澄まし、美しいものや面白いと感じられるようにする。
  • 常に行動し、経験を積む: 知識や感性を活かすためには、実際に手を動かし、経験を積むことが重要。失敗を恐れずに、積極的に行動しよう。
  • 周囲の人から学ぶ: 周囲の人々のセンスや考え方に触れることも、自身のセンスを磨くことに役立つ。

3. 口コミ

本書は、Amazonをはじめとする各書店で高い評価を得ています。以下、主な口コミをご紹介します。

  • 「センスの磨き方が具体的に学べる」

    本書は、センスの磨き方が具体的に学べる内容になっています。知識や経験、感性を磨くための方法がわかりやすく解説されており、すぐに実践できる内容です。

  • 「デザイナーだけでなく、ビジネスパーソンにも役立つ」

    本書は、デザイナーだけでなく、ビジネスパーソンにとっても役立つ内容になっています。センスは、商品開発やマーケティングなど、様々なビジネスシーンで重要となる要素です。

  • 「読みやすく、実践しやすい」

    本書は、読みやすく、実践しやすい内容になっています。具体的な事例や図解が多く使われているので、理解しやすいです。

4. まとめ

本書は、センスを磨きたい人知識の重要性を再認識したい人もっと魅力的な自分になりたい人におすすめの一冊です。