イノベーションのジレンマ 増補改訂版:技術革新が巨大企業を滅ぼすとき 要約と口コミ

1. 書籍概要

書名: イノベーションのジレンマ 増補改訂版:技術革新が巨大企業を滅ぼすとき 著者: クレイトン・クリステンセン 出版社: 翔泳社 出版年: 2001年 ページ数: 368ページ

2. 要約

本書は、イノベーションのジレンマと呼ばれる現象について解説した、経営学の古典的名著です。

イノベーションのジレンマとは、市場を支配する優良企業が、新たな技術革新に基づく破壊的イノベーションを前に、その対応に失敗し、市場から淘汰されてしまうという現象を指します。

著者は、この現象を、以下の3つの要因によって説明しています。

  1. 顧客の要求: 優良企業は、既存の顧客の要求に焦点を当て、製品やサービスを改良し続けます。しかし、破壊的イノベーションは、既存の顧客にとって魅力のない、低性能で低価格な製品やサービスであることが多いため、優良企業は見逃してしまうことがあります。
  2. 経営者の評価基準: 優良企業の経営者は、短期的な利益を重視し、投資収益率の高い事業に注力します。しかし、破壊的イノベーションは、初期段階では収益性が低いため、経営者の評価を得ることが難しくなります。
  3. 組織の構造: 優良企業は、効率性を重視した組織構造を構築しています。しかし、破壊的イノベーションは、新たな市場や顧客をターゲットとするため、従来の組織構造では対応することが難しい場合があります。

本書では、イノベーションのジレンマを克服するための方法として、以下の5つの指針が示されています。

  1. 破壊的イノベーションの可能性を常に意識する
  2. 破壊的イノベーションをいち早く発見・評価する
  3. 破壊的イノベーションに対応するための組織・プロセスを構築する
  4. 失敗を恐れずに、積極的に挑戦する
  5. 長期的な視点に立って、経営判断を行う

3. 口コミ

本書は、Amazonをはじめとする各書店で高い評価を得ています。以下、主な口コミをご紹介します。

  • 「経営者必読の書」

    経営者であれば、誰もが一度は読むべき本だと思います。イノベーションのジレンマのメカニズムを理解し、自社の状況を客観的に分析することで、将来の危機を回避することができます。

  • 「示唆に富んだ内容」

    イノベーションのジレンマという概念だけでなく、組織論、マーケティング論、経営戦略論など、幅広い視点から論じられており、示唆に富んだ内容です。

  • 「読みやすく、実践的な内容」

    難しい理論ばかりではなく、具体的な事例も多く紹介されているので、読みやすく、実践的な内容になっています。

4. まとめ

本書は、イノベーションのジレンマという問題の本質を理解し、克服するための具体的な方法を学ぶことができる一冊です。経営者だけでなく、ビジネスパーソン全般におすすめの一冊です。