世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた の要約

1. 書籍概要

書名: 世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた 著者: 永井孝尚 出版社: ダイヤモンド社 出版年: 2020年 ページ数: 368ページ

2. 要約

本書は、元IBMのマーケティングマネージャーとして活躍した永井孝尚氏が、MBAで学ぶマーケティング理論を50冊のエッセンスに凝縮したものです。

近年、マーケティングはますます複雑化しており、最新の知識やスキルを身につけることが重要になっています。しかし、多くのマーケティング担当者は、時間不足や情報過多などの問題を抱えています。

本書では、マーケティングの基礎知識から最新のトレンドまで、幅広いトピックをわかりやすく解説しています。また、各トピックごとに、おすすめの書籍や記事を紹介しているので、より深く学びたい場合は、参考にすることができます。

主なポイント

  • マーケティングの基礎知識: STP分析、4P分析、SWOT分析など、マーケティングの基礎知識をわかりやすく解説しています。
  • 顧客分析: 顧客のニーズや行動を理解するための方法を解説しています。
  • 競合分析: 競合の強みや弱みを分析するための方法を解説しています。
  • マーケティング戦略: 自社の製品やサービスをどのように市場に投入するかを検討するための方法を解説しています。
  • マーケティング施策: 広告、PR、プロモーション、販促など、具体的なマーケティング施策を解説しています。
  • デジタルマーケティング: SEO、SEM、SNSマーケティングなど、デジタルマーケティングの最新トレンドを解説しています。

3. 口コミ

本書は、Amazonをはじめとする各書店で高い評価を得ています。以下、主な口コミをご紹介します。

  • 「マーケティングの教科書」

    マーケティングの基礎知識から最新のトレンドまで、幅広く学べる一冊です。マーケティング担当者だけでなく、ビジネスパーソン全般におすすめです。

  • 「実践的な内容で役立つ」

    具体的な事例や図解を用いて説明されており、非常に理解しやすいです。また、各トピックごとに、おすすめの書籍や記事を紹介しているので、より深く学びたい場合は、参考にすることができます。

  • 「マーケティングの仕事に役立っている」

    本書を読んでから、マーケティングの仕事に役立つようになりました。顧客分析や競合分析の方法を学び、より効果的なマーケティング施策を立案できるようになりました。

4. まとめ

本書は、マーケティングの知識やスキルを身につけたいビジネスパーソンにおすすめの一冊です。マーケティングの基礎から最新トレンドまで、幅広く学べる内容となっています。