チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ の要約

1. 書籍概要

書名: チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ 著者: エイミー・C・エドモンドソン 出版社: 英治出版 出版年: 2020年 ページ数: 336ページ

2. 要約

本書は、ハーバード・ビジネススクール教授であるエイミー・C・エドモンドソン氏が、20年以上にわたって研究してきた「心理的安全」とチームワークの関係について解説したものです。

近年、VUCAと呼ばれる複雑で予測困難な時代において、企業は変化に対応できるチームを育成することが求められています。しかし、多くのチームは、心理的安全性の低さゆえに、学習や成長が阻害されています。

本書では、心理的安全性の高いチームを築き、学習と実行を促進するための実践的なアプローチを紹介しています。

主なポイント

  • 心理的安全性の重要性: チームメンバーが、自由に意見を言い合い、失敗を恐れずに挑戦できる環境は、学習と成長を促進します。
  • 心理的安全性を高めるリーダーの行動: リーダーは、メンバーの意見に耳を傾け、失敗を許容し、感謝の気持ちを伝えることで、心理的安全性を高めることができます。
  • 心理的安全性を高めるチームの習慣: チームメンバーは、互いに敬意を持って接し、建設的なフィードバックを与え、チームワークを重視することで、心理的安全性を高めることができます。
  • 心理的安全性を高めるための具体的な方法: 本書では、ミーティングの進め方、フィードバックの仕方、チームワークの向上など、心理的安全性を高めるための具体的な方法を紹介しています。

3. 口コミ

本書は、Amazonをはじめとする各書店で高い評価を得ています。以下、主な口コミをご紹介します。

  • 「チームワークの教科書」

    チームワークの重要性を改めて認識しました。本書で紹介されている心理的安全性の概念は、チームを活性化させるための鍵となるでしょう。

  • 「実践的な内容で役立つ」

    具体的な事例やワークショップ形式で学べるため、すぐに実践することができます。チームリーダーやメンバーにおすすめの一冊です。

  • 「チームの雰囲気が劇的に改善した」

    本書を読んでから、チームの雰囲気が劇的に改善しました。心理的安全性の重要性を理解し、実践することで、チームワークが向上し、成果も上がりました。

4. まとめ

本書は、チームワークを向上させ、成果を上げたいリーダーやメンバーにおすすめの一冊です。心理的安全性の概念を理解し、実践することで、チームを活性化させ、学習と実行を促進することができます。

5. 書籍情報

6. その他

本書は、Kindle版以外にも、紙の書籍として販売されています。

以上、チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ の要約と口コミでした。