もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら Kindle版 要約と口コミ

1. はじめに

岩崎夏海著の『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』は、2009年に出版された青春小説です。弱小高校野球部を舞台に、女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を参考にチーム改革を進めていく物語です。本書は、累計発行部数270万部を超えるベストセラーとなり、映画化、テレビドラマ化もされました。

2. あらすじ

主人公の川藤みなみは、私立めろん学園高校の1年生。野球部にマネージャーとして入部しますが、部員はわずか6名で、甲子園出場は絶望的な状況でした。そんなある日、みなみは偶然、ドラッカーの『マネジメント』という本を見つけます。最初は難解な内容に挫折しそうになりますが、次第にチーム改革のヒントを見出し、部員たちと共に実践していくようになります。

ドラッカーの『マネジメント』に書かれている「目標設定」「チームワーク」「リーダーシップ」などの理論を参考に、みなみは部員たちの個性を活かした戦略を立てていきます。また、コミュニケーションを積極的に取り、部員たちの士気を高めていきます。

最初は反発もあった部員たちも、みなみの熱意と行動力に徐々に影響されていきます。そして、チームワークと個性を活かした戦い方で、徐々に実力を上げていきます。

紆余曲折を経て、めろん学園高校野球部はついに甲子園出場を果たします。そして、全国の強豪校と対戦していく中で、さらなる成長を遂げていきます。

3. 主な登場人物

  • 川藤 みなみ:主人公。めろん学園高校1年生。野球部のマネージャー。
  • 土井垣 和也:めろん学園高校野球部監督。
  • 安田 春樹:めろん学園高校野球部主将。
  • 藤井 拓也:めろん学園高校野球部選手。投手。
  • 大木 卓也:めろん学園高校野球部選手。捕手。
  • 森田 淳平:めろん学園高校野球部選手。内野手。
  • 河合 隼人:めろん学園高校野球部選手。外野手。
  • 伊藤 亮太:めろん学園高校野球部選手。外野手。

4. 書籍情報

  • 書籍名:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  • 著者:岩崎 夏海
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日:2009年12月22日
  • ページ数:320ページ
  • Kindle版 価格:990円

5. 口コミ評価

本書は、Amazon Kindleストアで4.5つ星の高い評価を得ています。読者からは、「感動した」「勇気づけられた」「仕事にも役立つ」などの声が寄せられています。

6. まとめ

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』は、青春小説でありながら、ビジネス書としても読み応えのある作品です。ドラッカーの『マネジメント』の理論をわかりやすく解説しており、仕事や勉強にも役立つヒントが満載です。また、チームワークやリーダーシップの大切さを教えてくれる作品でもあります。

この情報がお役に立てば幸いです。